ポリエステルの洗濯方法!手洗いの可否や縮んだ場合の対処法を解説!|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

多くの衣服に使われている素材「ポリエステル」。使用頻度の高い洋服だからこそ、洗濯方法が気になる方も多いのではないでしょうか。手洗いした方がいいのかどうか、縮んだ時はどうしたらいいのかチェックしておきたいところです。
ポリエステルには最適な洗濯の手順があるので、紹介する手順に沿った洗濯をして、汚れを落としてあげましょう。この記事では、ポリエステルの洗濯方法を詳しく解説していきます。

ポリエステルを洗濯する前に知っておきたい情報

ポリエステルの特徴を知っているだけでもよくあるトラブルを防げるので、まずはポリエステルを洗濯する前に生地の特徴について紹介します。
以下、ポリエステルについて知っておきたい情報です。

毛玉ができやすい

まず、ポリエステルは摩擦によって毛玉ができてしまう生地です。
ポリエステルをはじめとした合成繊維は強度が高く長い間着られる特徴を持っています。
そのかわり、何回も着脱したり洗濯したりすると生地の表面が丸まって毛玉になります。

毛玉があっても家で着る分にはそれほど気にならない方も多いと思いますが、よそゆきの服装には使いにくくなってしまいます。

黒ずみと汚れが付きやすい

せっかく洗濯したのに、ポリエステルに黒ずみや汚れが付着してしまうこともあります。これは、ポリエステルが汚れを吸収しやすい生地だからです。

普通に洗濯をすると汚れは水で流されていきますが、ポリエステルはこの汚れを再び吸収してしまう特性があります。

洗濯機などに入れると他の衣服の汚れを吸い込んでしまうこともあるので、ポリエステルを洗濯する時は注意しましょう。

色落ちの可能性

分散染料によって色が付けられているポリエステルは、比較的色落ちしにくい生地ですが、漂白剤を使うときは色落ちしてしやすいので配分に注意しましょう。
洗濯した後でポリエステルが部分的に色落ちすることもありえます。

ポリエステルを洗濯する手順

洗濯機か手洗いかによってポリエステルをきれいにする手順は異なります。
ここからは、ポリエステルを洗濯する方法について解説します。

洗濯機の場合

毛玉対策として、ポリエステルは洗濯機に入れる前にネットに入れましょう。そのうえで、弱アルカリ性の洗剤とともに洗濯機へと入れます。このとき、静電気対策として柔軟剤を使うのもコツです。
脱水は1分以内を心掛けましょう。あまりにも長く脱水するとポリエステルが傷んでしまいますよ。

手洗いの場合

製品によっては洗濯機で洗えないポリエステルもあります。
そのときは手洗いで汚れを落としましょう。
このとき使うのはおしゃれ着用中性洗剤です。
30度くらいのぬるま湯を洗面器にためて、適量の洗剤を注ぎます。

その中にポリエステル製品を15分ほどつけおきしてから押し洗いをします。
最後に洗面器の水を2回ほど変えてすすげば完了です。

乾かしてしわを伸ばす

ポリエステルは乾かし方が雑だと生地の性質を損ないかねません。
ポリエステルは丈夫な生地なのでつい雑に干してしまいがちですが、しわを伸ばして乾かすようにしましょう。

また、直射日光に当たりすぎるとポリエステル製品は色落ちすることもあるので、日陰で乾かすことも大切です。

ポリエステルを洗濯するときの注意点

ポリエステルを長持ちさせるためのポイントがいくつかあります。
以下、ポリエステルを洗濯する際の注意点です。

アイロンはどう伸ばす?

ポリエステルは熱に強い素材であり、アイロンがけしても大丈夫です。
アイロンを使用する際は設定温度を130度前後の中~低温にしましょう。

またアイロンをかけていく時には、ハンカチやタオルなどあて布を使いましょう。色のついている布だとポリエステルに色がつくこともあるので、あて布はできるだけ無地の白い布がおすすめです。

どうして洗濯後に縮むのか

ポリエステル100%の製品は洗濯後に縮むことがほとんどありません。
問題はポリエステルと別の生地の混合です。
こうした製品は服の表面に細かい凹凸があるので、洗濯をしているときに他の製品と絡まってしまうことで乾かしたときに縮むのです。

縮むのを防ぐためには、できれば他の製品と一緒に洗わないようにし、洗濯機に入れるときは必ずネットに入れましょう。

注意していても縮んでしまった場合は、すぐにアイロンをかけます。
あて布をしてアイロンをかけるとポリエステル製品は元の状態に近づきます。

乾燥機って使える?

基本的には「乾燥機にかけたらすぐ縮む」というポリエステル製品はありませんが、可能性がゼロではないので注意しましょう。
気になるときはポリエステルのタグにある表示をチェックしましょう。水洗いの可否などと一緒に、乾燥機についてのマークが載っていることもあります。

ただ、ポリエステル製品は日干しでも十分に乾くので乾燥機を使わないようにしても手間にはなりにくいでしょう。

まとめ

ポリエステルをきれいに洗濯して生地も傷めないためには、押さえておくべきポイントがいっぱいでしたね。自宅でしっかり洗えるか、不安になった人もいるのではないでしょうか?

時間がない方や、不安な方はプロのクリーニング業者に頼む方法もあります。
「アルテフェロ株式会社」は、高級素材を中心に扱っている専門業者です。

もちろん、ポリエステルなどの普段使いしやすい生地についてもノウハウがありますので、自宅での洗濯が難しいと思ったらプロの技術に頼ってみましょう。

→東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • チョコレートの染み抜きにもう悩まない!上手に落とすコツチョコレートの染み抜きにもう悩まない!上手に落とすコツ 衣類についたチョコレートの汚れは、なかなか染み抜きしにくいですよね。 […]
  • 醤油の染み抜きテクニック!こんなにも簡単にきれいになる!醤油の染み抜きテクニック!こんなにも簡単にきれいになる! 醤油の染み抜きは、実は自宅でも簡単にできることはご存じでしたか?醤油の汚れは頑固なイメージがあるので、なんだか意外ですが、実際には正しい手順を踏めば難しい技術がなくてもできてしまうのです。そのかわり、染み抜きには注意点があるので事前にしっかり確認しましょう。この記事では、醤油 […]
  • ウールの洗濯方法!自宅で洗濯する秘訣を教えます!ウールの洗濯方法!自宅で洗濯する秘訣を教えます! デリケートなウール素材の衣類の洗濯には、手を焼いている人も多いのではないでしょうか?ウールは様々なアイテムに使われているので、手軽に洗濯できないと家事が大変になってしまいますよね。この記事では、ウール製品を洗濯するときの方法をご紹介します。 […]
  • シルクの洗濯法を伝授!洗い方やコツ・注意点を紹介シルクの洗濯法を伝授!洗い方やコツ・注意点を紹介 高級素材の代表格、シルクは手洗いすることも可能ですが、自宅で洗濯するのは勇気がいりますよね。シルクの洗濯には正しい手順があり、シルク独特の光沢のある質感を損なわないためには、脱水や日干しするときにも注意が必要です。この記事では、シルクの特徴を踏まえながら手洗いする手順や注意点 […]
  • 黄ばみはクリーニング店できれいに!家庭でできる黄ばみと落ちない黄ばみの違いもチェック黄ばみはクリーニング店できれいに!家庭でできる黄ばみと落ちない黄ばみの違いもチェック 普段通りに洗濯していても、なぜか黄ばみが残ってしまうことはありませんか?実は、家庭の洗濯で全ての汚れを落とせているとは限りません。 一部の汚れは服に残ってこびりつき、時間が経つと黄ばみになってしまいます。黄ばみを防止するには、汚れを確実に落とし、汚れをつきにくくすることが大切 […]
  • クリーニング店の汗抜きとは?効果やメリットを解説クリーニング店の汗抜きとは?効果やメリットを解説 キレイに洗濯をしたはずなのに「汗臭い…」と感じた経験はありませんか? 洗濯をすれば汗や皮脂汚れがすべて落ちると思われがちですが、実は繊維の奥に入り込んだ汗汚れを完全に取り切ることは難しいのです。 汗汚れを放置しておくと、黄ばみが目立つので厄介ですよね。汗のニオイや汚れをしっ […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F