洗濯の「ドライコース」って何?使い方の注意点を徹底解説!|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

洗濯機の「ドライコース」を使ったことがない人も多いはずです。そもそもの意味や手順を知っておけば、家でできる選択の幅は広がりますよ。
一方で、ドライコースには注意点もあります。正しい方法を押さえて、洗濯物のトラブルを防ぎましょう。この記事では、ドライコースについて詳しく解説します。

洗濯のドライコースとは何?

よく「ドライコース」という言葉は聞いても、その実態を知らない人は多いのではないでしょうか。ドライコースは洗濯機のメニューの一部です。
この章では、ドライコースの基本的な情報をご説明していきます。

ドライコースを使う服の種類

「繊細な服」についてはドライコースで洗うのが一般的です。
毛糸のセーターなどは雑に洗うとすぐ毛玉ができてしまうので、ドライコースで優しく洗ってあげる必要があります。
そのほか、高級素材についてもドライコースで洗うのが安全です。

また洗濯している最中にボタンや飾りがとれないように、装飾品の多い服もドライコースできれいにしましょう。
ドライコースならデザインにこだわった服の魅力を保ったまま洗濯できます。

ドライコースと手洗いとの違い

ドライコースとは「水量を少なくしてゆすぐように洗う」コースのことです。そのため、生地にダメージを与えず優しく洗えます。
なお、ドライコースと同じ目的の洗い方が、洗面器や桶に水を張って衣類をゆすいでいく「手洗い」です。
ただ、手洗いは時間がかかりますし労力もかなりのものですが、洗濯機のドライコースなら繊細な生地の衣類も簡単に洗えます。

洗濯機での使い方

ドライコースで洗う時は必ず衣類をネットに入れましょう。それから洗濯機に入れてコースを選択します。
洗剤は「おしゃれ着用洗剤」として売られているものを使用します。
後は普通の洗濯機の使い方と変わりません。クリーニングが終わって脱水するのを待つだけです。

ドライコースで洗濯する方法

いざドライコースで洗濯をするときは必要な洗剤をそろえなくてはなりません。また、ドライコースの手順も決まっています。洗濯物を干すときまで工夫が大切です。
以下、ドライコースの流れを解説します。

ドライコースで使用する洗剤、おしゃれ着洗剤とは?

おしゃれ着用洗剤とは生地へのダメージを考慮して製造されたものです。正直、洗浄力は普通の洗剤よりも落ちます。
そのかわり、高級素材のようにデリケートな服を傷めません。こうした効用からドライコース向けの洗剤として知られています。
また、おしゃれ着用洗剤は服を柔らかく仕上げるのも特徴です。レースやデニム素材をドライコースで洗濯するときもおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

ドライコースでの洗濯の流れ

水温が高くなれば衣類は縮みやすくなっていくため、ドライコースでは30度以下の冷たい水を使います。
こうした注意点を除けば、基本的にドライコースはメニューを洗濯するだけです。
ただ、洗濯が終わったらすぐに取り出してしわを伸ばしましょう。
デリケートな生地を濡れたまま放置するのは厳禁です。きれいにしわを伸ばしてから陰干しします。

干すときの心得

ドライコースで洗った洗濯物を乾かすとき、うかつに乾燥機を使わないようにしましょう。
ドライコースで洗わなくてはならないほど繊細な衣類は、乾燥機に向かないからです。
乾燥機の熱風によって繊維が損なわれてしまうこともあります。同じ理由で強すぎる直射日光もNGです。
ドライコースの後は室内での陰干しでゆっくりと乾かすようにしましょう。

ドライコースで洗濯するときの注意点

通常の洗濯と違う部分が多く、ドライコースに戸惑う人もいるでしょう。それにドライコースでは洗えない衣類もあります。
ここからはドライコースの注意点を述べていきます。

ドライコースに向かない服

「水洗い不可」の洗濯表示がある衣類全般はドライコースでも洗えません。
具体的には、スーツやドレスなどのおしゃれ着などです。
カジュアルな衣類の一部にも「水洗い不可」とされているアイテムはあります。
これらの衣類は水につけてしまうと繊維が損なわれ、しわが残ってしまいます。
また、型崩れを起こしてしまうケースも少なくありません。ドライコースに限らず、一般家庭で洗わない方が無難です。

洗濯前のチェックポイント

洗濯表示では「手洗い」の表示をチェックしましょう。
手洗いマークがある場合、ドライコースで洗える商品だということを意味します。
逆に、手洗いマークがなければドライコースで洗うのは一般的ではありません。
「手洗い不可でなければドライコースでもいいだろう」と判断してしまうのも危険です。
なお、ドライクリーニングのマークがなくても手洗いマークがあればドライコースを選べると思っておきましょう。

いっそプロに頼んでみよう

これだけ注意点が多いドライコースだけに、うかつに行うとミスしてしまうこともあります。
スクを避けたいならプロのクリーニング業者に頼んでみましょう。
プロの業者は道具も知識も一般家庭より充実しています。家庭用洗濯機では扱えない生地についても請け負ってくれます。
忙しい毎日で時間を節約するためにも業者はおすすめです。

まとめ

衣類を美しく仕上げるためにドライコースはとても大切な役割を果たしてくれます。
一方で、ドライコースでの洗濯は手間になりがちなのも事実です。
「うまくドライコースで洗えるかは自信がない」というならプロの業者に頼みましょう。

→東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • 服についた汗のにおいを消す方法!嫌な臭いを消す方法と注意点服についた汗のにおいを消す方法!嫌な臭いを消す方法と注意点 お気に入りの服に汗のにおいがつくのは困りものです。また、人と会う時も汗のにおいは気になりますよね。洗濯をする際に少しの工夫をすれば汗のにおいを消せます。スチームや日干しもポイントです。この記事では服についた汗のにおいを消す方法について解説します。 服につ […]
  • シーツの洗濯ガイド!月に何回洗うのがベスト?手順や注意点も解説シーツの洗濯ガイド!月に何回洗うのがベスト?手順や注意点も解説 毎日使うシーツは定期的に洗濯して、きれいに保ちたいところです。そうすれば気持ちよく眠れるだけでなく、衛生的にも健全になりますよ。 […]
  • ポリエステルの染み抜きテクニック!色落ちさせない方法ポリエステルの染み抜きテクニック!色落ちさせない方法 多くの衣類に使われているポリエステルの染み抜きをするには、さまざまなチェックポイントがあります。また染みの種類によっても染み抜き方法が異なりますし、注意しなければポリエステルが色落ちしてしまうこともあります。この記事では、ポリエステルの染み抜きをするときに確か […]
  • チョコレートの染み抜きにもう悩まない!上手に落とすコツチョコレートの染み抜きにもう悩まない!上手に落とすコツ 衣類についたチョコレートの汚れは、なかなか染み抜きしにくいですよね。 […]
  • ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる?ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる? ドライクリーニングは、クリーニング方法の一つです。クリーニング店のメニューで目にしたことのある方も多いと思います。最近は家庭用洗濯機にも「ドライ」という機能が搭載されています。 ここでは、ドライクリーニングとはどのようなものなのか、また家庭の洗濯機のドライコースでも同じ […]
  • セーターの干し方のポイントを解説セーターの干し方のポイントを解説 セーターは寒い季節に欠かせないおしゃれアイテムですが、洗濯の仕方や干し方に注意しないと、伸びたり型崩れしたりしやすいのが難点です。洗濯や干し方を失敗すると元には戻らないので、手放すしかありません。このような失敗をしないためにも、正しい干し方や洗い方のポイントを押さえておきまし […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F