服についた汗のにおいを消す方法!嫌な臭いを消す方法と注意点|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

お気に入りの服に汗のにおいがつくのは困りものです。また、人と会う時も汗のにおいは気になりますよね。
洗濯をする際に少しの工夫をすれば汗のにおいを消せます。スチームや日干しもポイントです。この記事では服についた汗のにおいを消す方法について解説します。

服についた汗の臭いはどうやって消す?

汗のにおいは基本的に洗濯で消していきます。ただ強い汗の臭いなど、しつこいにおいを完全に取り除けません。
少しの工夫を加えて衣類をさわやかな状態に戻しましょう。
以下、汗のにおいを消す方法です。

洗濯で消す方法

そもそも汗のにおい自体はそれほど強くはありません。問題は汗の成分に雑菌が集まってしまい、においを放つことです。
そこで毎日の洗濯により衣類を清潔に保つことがにおいを消すための効果的な方法となります。
菌はもちろん、それらを呼び寄せる汗の成分や皮脂を洗い流せばにおいを原因から断ち切れます。
このとき、殺菌効果のある漂白剤や洗剤を選ぶようにしましょう。

スチームで消す方法

においの原因となる菌は熱に弱いため、スチームアイロンをかけるようにしましょう。
あるいは煮沸消毒するのもおすすめです。洗濯前に服を熱湯の中に入れ、10分ほど放置することで殺菌が可能です。

日干しで消す方法

太陽の光で洗濯物を干しても殺菌はできます。天気のいい日には洗濯物を日干ししてみましょう。
注意したいのは、湿度が高い日に外干ししないことです。単純に乾きにくいだけでなく、かえって菌が増殖しかねません。
なかなか天候に恵まれない場合は乾燥機を使います。高温で洗濯物を乾燥させればにおいの原因になる菌を死滅させられます。

応急措置による服についた汗のにおいを消す方法

洗濯をすぐにできない状況で、服の汗が気になってしまうこともありますよね。そのような場合はとりあえず応急措置をし、自宅に帰ってからじっくりと衣類を洗濯しましょう。
この章では応急措置をいくつか挙げていきます。

アロマオイルを使おう

ボトルタイプのアロマオイルは持ち運びに便利です。かばんに携帯しておけば気軽に汗のにおいをカバーできます。
ほんの数滴衣類に垂らすだけでも、汗のにおいを爽やかなアロマでカバーできるでしょう。スプレータイプのアロマもおすすめです。
注意したいのは、人工的なアロマオイルと肌質が合わない人もいる点です。衣類にふりかけて使うのであれば肌に優しいエッセンシャルを用意するようにします。

消臭スプレーを持ち歩こう

アロマオイルでなくても、消臭できる制汗スプレーは薬局やスーパーで簡単に手に入ります。
においが気になったらスプレーをふりかけて応急措置をしましょう。
ただ、スプレーを使うときは周囲への配慮が必要です。スプレーをまき散らして近くの人の迷惑になるのは避けましょう。
また、スプレーの強いにおいを好まない人もいます。スプレーを使う際には周りに許可をとっておくとトラブルになりにくいですよ。

すぐ洗えない服を着るときは考える

シルクなどの高級素材は簡単に自宅で洗えませんよね。また、ドライクリーニングができない素材の服も洗濯は手間です。
これらの服に汗のにおいがしみついてしまったらなかなか対処できないので、着ていくタイミングや天気、場所を考えて予防するのも大切です。
ビジネススーツのように毎日着る衣類については数着用意してローテーションします。万が一いずれかににおいがしみついても、クリーニングに出すまでは他のスーツでしのげます。

服についた汗のにおいを消すときの注意点

「洗濯をしたのに汗のにおいが消えない」ということもありえます。一度ついてしまった汗のにおいはそれほど消し去りにくいのです。
そこで、汗のにおいを消すために注意したいポイントをご紹介します。

つけおき時間に工夫を

洗剤液につけこむことでしつこいにおいは除去できます。ただ、すぐに効果が表れないようならつけおき時間を長くしてみましょう。
2時間ほど辛抱してみると、繊維の奥まで洗剤が浸透して雑菌を退治できます。
ただ、つけおきのしすぎは染料まで洗い流しかねません。事前に洗剤を少しだけつけて色落ちチェックをしておくと予期せぬトラブルを防げます。

生乾きにしない

せっかく洗濯できれいになったのに、衣類を生乾きにしておくと雑菌がまたたかってきます。
洗濯をしたらすぐ乾燥させて、クローゼットやタンスにしまう習慣をつけましょう。
生乾きになりやすいのはシャツの脇、ズボンのすそなど生地が重なる部分です。洗濯物を乾かすときはこれらの箇所がひっついていないかチェックしましょう。

プロの業者にクリーニングを頼もう

努力したのににおいが消えないようならプロの出番です。専門業者は時間をかけて衣類のにおいと向き合ってくれます。
自分では手洗いやつけおきをする余裕がないときほど、プロに頼ってみましょう。洗濯に関する技術も道具も一般家庭とは段違いなので、安心して任せられます。

まとめ

これから夏場にかけて、特に服の汗は気になるはずです。毎日の洗濯でしっかりにおいを消し去っていきましょう。
念入りに服をクリーニングするならプロの業者に任せるのがおすすめです。
自分で何度も洗う手間が省けますし、何より豊富な経験とあらゆるテクニックを駆使してくれるからです。

大切な衣類のにおいに関するお悩みは、お気軽に「アルテフェロ」へお問い合わせください。

→東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F