コーヒーの染み抜きの方法を知っておこう|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

出勤前やランチ後、仕事の合間のひとときにコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。
普通なら、ほっと一息つけるコーヒーブレイクですが、うっかりこぼしてしまうということもあります。
コーヒーの色素は濃いので、ちょっと拭いたぐらいでは落ちません。また、時間が経つほど落としにくくなってしまうので、できるだけ早く染み抜きをしましょう。
ここでは、コーヒーの染み抜き方法やカーペットにこぼした時の対処法をご紹介します。

コーヒーの染み抜き方法

コーヒーの染み抜き方法は、中性洗剤を使う応急処置的な方法と、洗濯機で洗う方法の2種類があります。洗濯できる時とできない時で方法は異なるので、シチュエーションに合わせて染み抜きをしてください。

中性洗剤を使った染み抜き方法

すぐに洗濯機で洗えない場合は、中性洗剤を使って染み抜きをしましょう。

①乾いた布でコーヒーの染みをポンポンとたたく
※強く擦ったり布を押し当てたりすると染みが落ちづらくなるので注意してください。
②中性洗剤を水で薄めて布の一部分につけ、染みの部分をポンポンとたたく
③布を水で濡らし洗剤をたたきながら落とすイメージでポンポンとたたく
※染みが布に移るまで繰り返す。
④乾いた布で染み抜きをした部分の水分を吸い取らせる

この染み抜き方法で大事なのは、布を擦らないことです。擦ると繊維にコーヒーの色素が染みこんでしまうので、どのステップでもポンポンとたたいて染み抜きをするのがポイントです。

洗濯機を使った染み抜き方法

コーヒーの染みは時間が経つほど落としづらくなるので、できれば洗濯機ですぐに洗うのが理想です。洗濯機を使う場合は、染みの部分に酸素系の液体漂白剤をつけて洗うだけで大丈夫です。ただし、カフェラテやカプチーノのように油分の多いミルクが入っているコーヒーや、生クリーム入りの場合は、タンパク質や脂肪分が含まれているので漂白剤だけでは落ちません。染みの部分をぬるま湯につけて濡らしたら、タンパク質を分解する酵素系洗剤でもみ洗いをしましょう。この時も擦らずに、洗剤を揉み込んで染みを浮かせるイメージで洗ってください。しっかりもみ洗いをしてタンパク質を分解させてから、染み部分に酸素系漂白剤をつけて洗濯機で洗いましょう。

時間が経ったコーヒーの染み抜きはどうすれば良い?

時間が経ったコーヒーの染みは、中性洗剤でたたいても落ちません。また、漂白剤を塗っただけでは洗濯機で洗ってもなかなか落ちないので、一手間かけましょう。

まずは、40度前後のお湯に染みの部分を10分から20分ほど浸けて、汚れを緩ませます。
次に、衣類に適した漂白剤を塗って、歯ブラシでトントンと繊維に叩き込みます。漂白剤が染みに浸透したら、ラップをかけて、その上からドライヤーの温風を当てましょう。この時、ラップに温風を近づけすぎると溶けてしまうので、10cmほど離して当ててください。2分から3分ほど経ったら、ラップを剥がして、染みの下にタオルを敷いて再度歯ブラシで汚れをトントンとたたきます。下のタオルに染みが移ったら落ちる状態になっているので、液体洗剤をぬるま湯に溶かしてもみ洗いをしましょう。
染みが落ちたら普通に洗濯をして完了です。

コーヒーの染み抜きをする時の注意点

コーヒーの染み抜きをする時は、色落ちに注意しなくてはいけません。
まず応急処置で使う洗剤ですが、アルカリ性の洗剤は色落ちしやすいので、中性洗剤を使った方が安心です。また、漂白剤は素材によって適したものが異なるので、洗濯表示をチェックしてから使いましょう。もし、適した洗剤が分からない場合は、目立たないところに洗剤をつけてみて、白いタオルでポンポンとたたいてください。この時、生地の色がタオルに移ったら色落ちするので、違う洗剤を使うようにします。

また、どうしても染みが落ちない時は、自己流で洗剤をいろいろと使ってしまうと余計に落とせなくなります。落ちない染みは、クリーニングのプロに任せた方が生地を傷めず綺麗に落としてくれるので、クリーニング店に相談しましょう。

カーペットの染みの対処法

コーヒーは、衣類だけでなくカーペットにこぼしてしまうこともあるでしょう。カーペットは簡単に洗えないので、すぐに落とさないと染みになってしまいます。染みのついたカーペットは見た目も汚なくなってしまうので、対処法を覚えておくといいですね。

こぼしてすぐにできる対処法

コーヒーをこぼして、すぐにカーペットの染みに気がついたら、乾いたタオル2枚と水を用意してください。乾いたタオルでトントンとたたいて、タオルにコーヒーを吸い取らせます。この時、強くたたくと染みが広がってしまうので、押しつけてたたかないように、優しく軽くたたきます。カーペットの水分がなくなったら、少量の水を染み部分につけて、新しい乾いたタオルで素早く水を吸い取ってください。この時点で染みが残っているようであれば、再度水を垂らして吸い取るという工程を、染みが薄くなるまで繰り返しましょう。

時間が経った染みの対処法

「ふと気づいたら染みがあった」という場合は、カーペット用の洗剤と歯ブラシや洋服ようのブラシ、乾いたタオルを用意してください。染みの部分にカーペット用洗剤をつけて、歯ブラシなどで毛足を起こしながら汚れを浮き上がらせていきます。この時も力は入れず、洗剤と汚れをさっさっとかき出すイメージでブラッシングしましょう。汚れが浮いてきたら掃除機で吸い取り、染みの部分に水を少量かけます。再度、カーペット用洗剤をつけて染みこませたら、乾いたタオルで汚れをトントンとたたきながら拭き取ってください。拭き取っても汚れが残っているようであれば、目立たなくなるまで繰り返しましょう。

コーヒーをこぼしても慌てずに対処しましょう

コーヒーは染みになると落ちないので、こぼしてしまうと、つい慌ててしまってごしごしこすってしまう方が多いようです。ですが、こすると余計繊維に入り込んでしまい、落ちにくくなってしまいます。一見落ちたように見えても、時間が経つと染みが浮き上がってくることもあります。時間が経って、繊維にしっかり入り込んだ染みは自分では落とせません。まずは慌てず染みの応急処置をして、それでも落としきれなかった場合は、染み落としの技術が高い高級クリーニング店などプロに頼りましょう。

関連記事

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F