ボールペンの染み抜きの方法とは?|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

ボールペンで袖口をひっかいてしまった、ポケットにペン先を出したまま入れてしまった、という経験を持っている方も多いのではないでしょうか。
ボールペンのシミは洗濯すれば落ちるイメージがありますが、実は意外に落としづらく、何回洗濯をしても落ちません。ボールペンの色はくっきりとして濃く、意外に目立つため、しっかり染み抜きをして落としましょう。

ボールペンの染み抜きをする前に必要なこと

ボールペンの染み抜きは手洗いで行ないます。手洗いでは水を使うので、シミが付いた衣類が水洗いできるかを確認してください。スーツやワンピースなどは、素材によっては水洗いができないものもあります。ボールペンのシミ部分が小さいからといって、洗濯表示を確認せずに染み抜きをしてしまうと、色落ちをしたり縮んだりするかもしれません。
大事な衣類をダメにしないためにも、ボールペンの染み抜きをする前には必ず水洗いが可能かをチェックしましょう。

ボールペンのインクが付いてしまったらどうすれば良い?

ボールペンのインクが付いてしまっても、すぐに染み抜きができないということもあるでしょう。そんな時には、応急処置として歯ブラシと歯磨き粉でインクの沈着を防ぎましょう。歯ブラシを軽く水で濡らし、歯磨き粉を含ませたらインクが付いた部分を軽くたたいてください。歯磨き粉の粒子がインクを分散させてくれるので、染み抜きがしやすくなります。

ボールペンのインクの種類をチェックする

ボールペンのインクは、水性と油性の2種類があります。それぞれに使用する洗剤が異なるので、染み抜きをする時にはインクの種類をチェックしましょう。もし、どちらか分からない場合は、汚れても良いプラスチックに試し書きをしてください。インクが弾かれたり、多少書けても手で擦ると消えたりする場合は水性、書いた文字がきちんと分かる場合は油性です。

ボールペンの染み抜きで用意するもの

ボールペンのシミは、できるだけ時間を置かずに染み抜きをするのがポイントです。時間が経つほどボールペンのシミは落としにくくなるので、スムーズに落とせるように染み抜きに使うものを用意しておきましょう。

水性ボールペンのシミの場合

水性ボールペンの染み抜きで使うものは3つあります。

・食器用中性洗剤
・タオル
・歯ブラシ

水性ボールペンのインクは、乾くと落ちづらい性質があります。そのため、1回の染み抜きでは落ちないことも。工程を数回繰り返す必要があるかもしれませんので、タオルは多めに、2枚から3枚用意しておくのがおすすめです。

油性ボールペンのシミの場合

油性ボールペンの染み抜きで使うものは5つあります。

・消毒用アルコールもしくはエタノール
・食器用中性洗剤
・タオル(2枚)
・歯ブラシ
・洗面器

消毒用アルコールやエタノールがない場合は、マニキュアを落とす除光液でも大丈夫です。また、染み抜きをした後に固形石けんで洗うと、さらにすっきりと汚れを落とせるので、白など汚れが目立つ色の衣類の場合は、固形石けんを用意しておくといいでしょう。

種類別 ボールペンの染み抜き方法

前述しましたが、ボールペンのシミはインクの種類によって染み抜き方法が異なります。大きな違いではありませんが、やり方を間違ってしまうとシミが広がってしまうこともあるので、染み抜きは種類別に行ないましょう。

水性ボールペンの染み抜き方法

水性ボールペンの染み抜き方法を説明します。

・食器用中性洗剤を付けて使い古しの歯ブラシでシミをたたく
まず、シミの裏のところにタオルを当ててください。次にシミの部分に食器用中性洗剤を少量付けて、歯ブラシで軽くたたきます。シミが広がらないように、細かくたたくのがポイントです。

・シミが落ちきるまでタオルを替えてたたく
シミが落ちるとタオルが汚れてしまい、その汚れが繊維に戻ってしまいます。それを防ぐために、タオルはこまめに交換するか、綺麗な部分に位置を変えましょう。タオルにシミ汚れが付かなくなるまで繰り返してください。

・ぬるま湯ですすぐ
シミを落としきったら、ぬるま湯ですすぎます。この時、ごしごし擦ってしまうと残ったシミが繊維に入り込んでしまうのでシミを押し出すイメージで押し洗いしましょう。洗濯機が使用できるものであれば、ある程度すすいで洗濯をしてください。

油性ボールペンの染み抜き方法

油性ボールペンの染み抜き方法を説明します。

・エタノールもしくは消毒用アルコールをタオルに染みこませる
タオルやガーゼなど汚れても良いものに、エタノールもしくは消毒用アルコールを染みこませます。

・シミの部分をタオルでたたく
もう1枚のタオルをシミの裏部分に当てたら、エタノールを含ませたタオルでシミの部分をたたいてください。何回かたたいていると、シミが落ちてタオルが汚れるので、綺麗な部分にエタノールを付けなおし、裏のタオルも綺麗な部分にずらしてたたきましょう。タオルで落ちにくい場合は、歯ブラシでたたいて落とします。

・ぬるま湯ですすぐ
インクが落ちてきたら、エタノールで汚れが分解されている状態なので、ぬるま湯ですすぎましょう。使用したエタノールの量によっては生地に染みこんでしまっているので、何回かぬるま湯を変えて洗ってください。

ボールペンのシミを見つけても慌てず対処しましょう

ボールペンのシミを見つけると、つい慌てて洗剤を付けて擦ってしまいがちですが、インクの種類によって落とし方が違うので、間違った対処法をしてしまうと逆効果になります。シミは、たとえ小さくても目立ってしまうので、落ちなくなってしまったらお気に入りの服も着られません。インクの種類に適した対処法をすればきちんと落とせるので、慌てずに正しい方法で染み抜きをすることがポイントです。ただし、時間が経ったボールペンのシミは落とせないこともありますから、そういう場合は染み抜きのプロである高級クリーニング店に相談するのが正解です。

関連記事

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F