カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

誰しも1着はお気に入りのカーディガンを持っているのではないでしょうか。
ですが、着ているうちに袖や胸元、裾などが汚れたり、毛玉ができたりしてしまうことも…。きれいな状態で長持ちさせるには、日ごろのケアがポイントになります。

今回は、カーディガンをクリーニングに出すメリットや、料金の相場を比較していきます。カーディガンをクリーニングに出す頻度などに迷っている方も、ぜひ参考にしてください。

カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック

カーディガンをクリーニングに出す頻度

汚れを吸い込みやすい生地ではないため、毎週クリーニングに出す必要はありません。カーディガンは、よく着る秋口から春先にかけてのシーズン中に、2回程度クリーニングに出すのが良いでしょう。

汚れた時はすぐにクリーニングへ

ただし、ケチャップをこぼしてしまったり、コーヒーが跳ねてしまったりした場合は、すぐにクリーニングに出しましょう。専門業者であるクリーニング店に任せる方が安心ですし確実です。店頭では「これはいつ付いた、何の染みですか」と問われますので、より具体的に伝えられるようにしておいてください。

毛玉ができてしまった時もクリーニングへ

カーディガンは生地によって毛玉ができやすい物も多くあります。もちろん自宅でも毛玉取り機などを使って毛玉処理をすることはできますが、プロであるクリーニング店よりきれいに取ることは難しいでしょう。

また、自分で毛玉を取ろうとすると、無理に引っ張って生地を傷めたり、穴を開けてしまったりする可能性があります。大切なカーディガンを傷つけないためにも、毛玉ができた時はクリーニングに持っていきましょう。

クリーニングに付けられるオプション

クリーニング店では、色々なオプションを付けることができます。オプションによって様々なメリットを得ることができるため、積極的に活用していきましょう。

防虫加工

ウールなどの天然素材を使ったカーディガンは、虫がつきやすい傾向にあります。保管時に防虫剤を使っている方も多いと思いますが、それだけでは万全とは言えません。
クリーニングに出す際には、オプションとして防虫加工を付けると良いでしょう。

デリケートな衣服は丁寧な仕上げがマスト

高級なアイテムを扱うクリーニング店であれば、デリケートな衣服専用コースがあります。通常コースよりも丁寧に、手洗いに近い優しい洗い方をしてくれるため、大切な衣類を預ける場合にはとてもおすすめです。カーディガンのように生地も薄く、素材がデリケートな衣類にはうってつけだと言えるでしょう。

静電気防止加工

カーディガンは重ね着をするため、他の衣服との間で摩擦を起こし静電気が発生しやすくなります。羽織ろうとした時に「パチッ」と静電気が走るのは不快ですし、静電気は毛玉の原因にもなります。
クリーニングの際にぜひ静電気防止加工をお願いしてみてください。

クリーニングに出す方が良いカーディガン

一言でカーディガンと言っても様々な種類があります。その中でも、どのようなカーディガンをクリーニングに出すべきかは、しっかりと把握しておきましょう。

ビーズや小さなボタンが付いている物

ボタンやスパンコールのような小さなパーツは、家の洗濯機で洗うとちぎれてしまう可能性があります。また、割れてしまったりほつれてしまったりすることも考えられるでしょう。
こういった繊細なデザインの物は、特にクリーニングに出す方が良いでしょう。

縮みやすい素材の物

縮みやすい素材であるレーヨンやシルクなどのカーディガンは、クリーニングに出すべきです。自分で洗うと縮んでしまい、一回り小さいよれよれの服になってしまうこともあり得ます。
毛玉防止・毛羽立ち防止のためにも、自宅で手洗いするのではなく、クリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニング料金はどれくらい?

ここで気になるクリーニング料金の相場ですが、カーディガンは基本的にそれほど高価ではなく、1000円程度が相場となっています。
当店の場合、カーディガン(スタンダード料金)は1,000円でお預かりしております。ただし、依頼するお店やオプションによって料金はことなりますので、こと前に確認されることをおすすめします。

まとめ

カーディガンは使い勝手が良いアイテムですが、羽織る物なので、汚れや毛玉ができやすいのがネックです。家での洗濯が可能なアイテムもありますが、クリーニング店に依頼した方がダメージを減らすことができ、長く愛用できるでしょう。大切なカーディガンであれば、なおさらクリーニングを活用すべきです。
クリーニング店では様々な加工やオプションも施すことができますので、防虫対策、毛玉の除去などを依頼しても良いですね。

当店はハイブランドの衣服も扱っています。お気に入りのカーディガンのクリーニングを検討されている場合は、ぜひお任せください。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • 服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック ボールペンのインクが服に付いてしまい、落とすために苦労したという方は多いのではないでしょうか。 インクが付いてしまうのは日常においてよくあること。とはいえ、大切な服に汚れが付いたままにはしておきたくありませんよね。 そこで今回は、服にボールペンのインクが付いた時の落とし方につ […]
  • ネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とはネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とは ネクタイは直接肌に触れることはありませんが、それでも汚れてしまうので定期的に洗う必要があります。また、飲食の食べこぼしやケチャップ、ソースなどが跳ねてしまった場合はすぐに洗濯をしないとシミとなって残ってしまいます。 とはいえ、ネクタイはシルクなどデリケートな素材で作られている […]
  • レーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェックレーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェック シルクに似た光沢があり、肌触りも優しいレーヨンは、あらゆる衣類の素材として使われていますが、自宅での洗濯はシルクと同じく難しいといわれています。そのため、レーヨン素材の衣類はクリーニングに任せるのがベストですが、洗濯頻度が高いものだと費用の負担が大きくなってしまうという問題があ […]
  • 血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介 衣類やハンカチなどに血がついてしまった時は、すぐに洗わないと血液シミが出来てしまうので要注意です。 しかし、出先でケガをしたり鼻血が出たりして汚れがついてしまった場合は、帰宅してから洗濯をするしかないため、血液シミが残ってしまうということもあるでしょう。 今回は、衣類などに血 […]
  • 洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは?洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは? 最近の洗濯機には、「すすぎ1回コース」や「つけ置き洗いコース」などさまざまな機能が搭載されており、「ドライコース」という洗濯モードが付いている機種もあります。 「ドライコース」は、「何となく丁寧に洗えそう」という漠然としたイメージはあるものの、どういった機能なのか詳しく知ってい […]
  • つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説!つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説! つけ置き洗いは、油汚れや泥汚れなど普通の洗濯では落ちない汚れが付いてしまったときに有効な洗濯方法です。ただし、ただつけて置けば汚れが落ちるというものではなく、つけ置き時間や洗剤の量など正しい方法で行なわなくてはいけません。 ここでは、効率よく汚れを落とすつけ置き方法と注 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F