お役立ちコラム|東京の高級クリーニング アルテフェロ

お役立ちコラム

1回着た礼服を、そのままタンスに入れていませんか?短時間しか着ない・たまにしか着ないという理由で礼服を放置するのは危険です。
洗わずに放置した礼服にはシミやカビが発生したり、虫食いが起きたりします。
礼服は、着たら必ずクリーニングに出して汚れを落としましょう。

 

礼服に毎回クリーニングが必要な理由

礼服の素材はデリケートであるため、家庭での洗濯は不向きです。
礼服の洗濯は、専門知識を持つクリーニング店に任せましょう。

礼服の素材は水洗いできないものが多い

礼服に使われる素材は、ウール等水洗いができないものが多く使われています。したがって、礼服はクリーニングで汚れを落とさなくてはなりません。
最近の礼服には、水洗いできる素材が使われているものもあります。しかし、水洗いではシワや色落ちというトラブルが起きやすくなるのです。
礼服は、必ずクリーニングで手入れを行いましょう。

礼服のクリーニングは即日も可能

礼服のクリーニングにかかる期間は、店舗では即日~1週間程度の場合が多いです。宅配クリーニングでも、店舗によっては即日仕上げが行われています。
即日仕上げは追加料金が発生する場合がありますので、申し込み前に確認をしましょう。
なお、オプション加工を頼んだ場合は、即日仕上げができないことが多いです。

礼服のクリーニングはいくらかかるのか

礼服のクリーニング料金とコースは、店舗によって異なります。
店舗によっては礼服専用のコースや割引があるため、事前に確認しておくと便利です。

礼服のクリーニング料金は一般の衣服より高めに設定されている

礼服のクリーニング料金は、一般的な衣服よりも高いことが多いです。礼服は1着ずつクリーニングされるため、コストの上昇は避けられません。
また礼服のクリーニング料金は、オプション込みで設定されている店舗もあります。
礼服のクリーニング前に、オプションの有無と料金の内訳を把握しておきましょう。

礼服の種類によってクリーニング料金が異なる

礼服は、服の種類によってクリーニング料金が異なる仕組みです。
例えばスーツの場合、ジャケットとパンツそれぞれに料金が発生します。
一方、ワンピースやタキシードは1着ごとに料金が設定されています。

礼服をクリーニングに出すときの注意点

礼服は、事前に手入れをしておくと美しく仕上がります。
事前の手入れは簡単にできますので、ぜひお試しください。

汚れた場合はできるだけ早くクリーニングへ

食べ物や化粧品、汗による汚れがついた場合は、急いでクリーニングをすることが大切です。早ければ早いほど、クリーニングの仕上がりもきれいです。
シミは種類によって落とし方が違うため、最初にシミの原因を特定します。コーヒーやお茶、ワイン等飲み物が原因であれば水溶性のシミです。
一方、油を含む食べ物や化粧品が原因であれば、油溶性のシミに分けられます。

クリーニング店ではプロが汚れを判断し、最適な方法で汚れを落とすので、できるだけ早くクリーニング店へ持っていくのが最善策です。
汚れは家庭の衣料用洗剤でケアすることも可能ですが、礼服の場合は生地を傷めてしまう可能性があります。
礼服にダメージを与えたり、失敗して台無しにしたりしないように、自己判断でのケアは避けましょう。

ブラシをかけてテカリを防ぐ

礼服に使われているウール生地は、着用を続けると表面の毛が押されてしまいます。毛が押されたままでは光を反射してしまうため、表面にテカリができてしまうのです。礼服をクリーニングに出す前には、必ずブラッシングを行いましょう。
獣毛ブラシを回転させながら動かすと、毛を立てると同時にホコリも取り除けます。

クリーニングが終わった礼服の保管方法

クリーニングを終えた礼服は、正しく保管しなければ傷んでしまいます。
礼服を長く着続けるためにも、保管のポイントを押さえておきましょう。

ビニールを外して換気の良い場所で保管する

クリーニングが終わった礼服は、ビニールを外してからクローゼットに入れましょう。礼服と他の衣服との間隔をあけ、風通しを良くして保管してください。クローゼットには除湿剤と防虫剤を入れ、虫食い対策を行いましょう。
また、日光や照明が当たると、日焼けや色あせが起きやすくなります。
礼服の保管場所は、光が当たらない空間を選んでください。

着用前はアイロンプレスで吊るしジワを直す

長期間ハンガーにかけた礼服は、吊るしジワとしてハンガーの形が残ってしまいます。クリーニングが終わった礼服を着るときは、アイロンプレスでシワを伸ばしましょう。小さなシワであれば、スチームを軽く当てるだけで直せます。自宅での保管が難しいときは、衣類預かりサービスを利用するのが便利です。

礼服はクリーニングで正しく保管する

クリーニングをして正しく保管した礼服は、長く着続けられます。他の服よりも着る回数が少ないからこそ、礼服はクリーニングで手入れをしましょう。
クリーニング前後の手入れも忘れずに行えば、礼服の状態も悪化しません。
保管方法も含めて、礼服の手入れ方法を覚えておきましょう。

関連記事

  • 財布のクリーニングはプロに依頼すべき?財布のクリーニングはプロに依頼すべき? 財布は素手で触るものなので、使っているうちにどんどん汚れてしまいます。 黒以外のカラーだと、とくに汚れが目立ってしまうので、気になったらクリーニングに出すのが正解です。 ブランド財布や革財布はもちろん、お気に入りの財布はクリーニングで綺麗な状態を保つことが気持ち良く使うコツです […]
  • ゴアテックスはクリーニングに出して大丈夫?ゴアテックスはクリーニングに出して大丈夫? アウトドアアイテムの素材として有名なゴアテックス。特殊な素材なので、自分でお手入れをするのは難しいイメージがあるかもしれません。 そして、しまう際に「クリーニングに出した方がよいのか」迷っている方も多いでしょう。 ゴアテックスのクリーニングについて 風の侵入を防ぐだけではなく […]
  • ダウンコートをクリーニングに出す頻度や気を付けたいことダウンコートをクリーニングに出す頻度や気を付けたいこと 撥水加工やライトダウンなど、機能性も高く、コーディネート次第でカジュアルにもエレガントにも着こなせるダウンコートは、冬のマストアイテムですね。 ただし、使用頻度が高いだけに、きちんとお手入れをしないと、へたりや汚れが気になります。 ここでは、大事なダウンコートをクリーニングに出 […]
  • 毛皮コートのお手入れ方法をチェック!毛皮コートのお手入れ方法をチェック! 毛皮のコートは、普通の衣類のように繊維で作られているわけではなく、名前の通り動物の毛(ファー)や皮を使っているのでとてもデリケートです。 湿度や乾燥など空気の影響も受けやすく、シミや変色が起こってしまうと自分では落とせません。 毛皮のコートは高額なので、正しいお手入れと保管方法 […]
  • クリーニングのハンガーをそのまま使って大丈夫?家で保管する時のポイントクリーニングのハンガーをそのまま使って大丈夫?家で保管する時のポイント クリーニングに出した衣類はハンガーにかけられて返ってきますが、その後はどうしていますか? 「せっかくハンガーにかけられているから、そのまま保管する」という人も多いかもしれませんね。 今回は、クリーニング店のハンガーはそのまま使用して大丈夫なのか、クリーニング後の衣類を保管するポ […]
  • スキーウェアをクリーニングに出す頻度や注意点は?スキーウェアをクリーニングに出す頻度や注意点は? スキーは雪が降る寒いところで行うスポーツなので、あまり汚れないイメージを持っている人もいるかもしれません。 しかし、実際にはスキー板の油や雪、汗などで汚れるため、クリーニングをしなくてはいけません。 ここでは、スキーウェアをクリーニングに出す頻度や出す時の注意点をご紹介します。 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F