お役立ちコラム|東京の高級クリーニング アルテフェロ

お役立ちコラム

普段通りに洗濯していても、なぜか黄ばみが残ってしまうことはありませんか?実は、家庭の洗濯で全ての汚れを落とせているとは限りません。
一部の汚れは服に残ってこびりつき、時間が経つと黄ばみになってしまいます。黄ばみを防止するには、汚れを確実に落とし、汚れをつきにくくすることが大切です。

 

黄ばみの原因は落としきれない汚れにある

服に黄ばみができる主な原因は、落としきれなかった汚れにあります。
また、光が服に当たり続けて起きる日焼けでも、黄ばみが発生するのです。

汗じみや皮脂・洗剤が残って酸化すると黄ばみになる

黄ばみの原因で特に多いのが、汗や皮脂が原因となるものです。汗や皮脂は服に染み込み、繊維の奥まで入り込んで汚れとなります。
そして、洗濯で落としきれなかった汚れが空気に触れて酸化し、黄ばみとなるのです。
脇の下や襟等、汗が付きやすい部位は黄ばみができやすいため注意してください。また、洗濯で使った石鹸や洗剤が服に残っていても、酸化して黄ばみができます。
洗濯のすすぎは十分に行い、洗剤や石鹸が残らないようにしましょう。

直射日光や照明が当たって日焼けすると黄ばみになる

直射日光や照明が長い時間当たり続けると、日焼けという現象が起きます。
日焼けを起こした部分は繊維自体が変色し、黄ばみになってしまうのです。日光や照明が原因の黄ばみは、ほぼ修復不可能です。
変色を消す「色かけ」という技術もありますが、全ての衣類で使える訳ではありません。衣服の保管は、日光や照明が当たらない場所で行いましょう。

黄ばみができたらクリーニングで落とすのが安全

洗濯用洗剤や漂白剤を使えば、家庭でも黄ばみを落とせる可能性があります。しかし、色が濃い黄ばみや黒ずみが混じった黄ばみは、家庭で落とすのが難しいです。
黄ばみができた服は、クリーニングで確実に落としましょう。
クリーニングは高温のプレスで仕上げるため、黄ばみの原因である雑菌を死滅できます。薄い黄ばみでも確実に落としたいときは、クリーニングで汚れを落とすのが安全です。

クリーニングでは2通りの方法で黄ばみを落としている

クリーニングでは、ドライクリーニングと水洗いを使い分けて黄ばみを落としています。
水洗いはウェットクリーニングと呼ぶこともあり、それぞれに特徴があるのです。

ドライクリーニングでは油溶性の汚れを落とす

ドライクリーニングでは、油を原料にした溶剤を使って衣服を洗います。
ドライクリーニングは水を使わないため、デリケートな衣服も洗える点が長所です。ドライクリーニングは、皮脂や化粧品等の油溶性汚れを落とすのに適しています。
しかし、汗や飲み物等の水溶性汚れを落とすのには適していません。

ウェットクリーニングでは水溶性の汚れを落とす

ウェットクリーニングでは、特殊な溶剤とぬるま湯を使って衣服を洗います。一般的な洗剤と違うので、家庭で水洗いができない衣服も洗える点が長所です。
ウェットクリーニングは、水溶性の汚れを落とすのに適しています。黄ばみを落とすには、ドライ・ウェット両方のクリーニングが必要です。

黄ばみは簡単な手入れで予防できる

服についてしまう黄ばみは、毎日の手入れで予防できます。
黄ばみを着けたくない服は、こまめな手入れで黄ばみ予防を行いましょう。

黄ばみが付きやすい部分にベビーパウダーを塗る

特に黄ばみが付きやすい襟回りや首周りには、ベビーパウダーを塗っておきましょう。
ベビーパウダーには、皮脂や汗を吸収する作用があります。赤ちゃんの肌でも使える低刺激制ですので、敏感肌の人でも使いやすいです。
また汗対策として、制汗グッズを利用するのも黄ばみ予防に役立ちます。

襟まわりに糊付けや汚れ防止テープを施す

ワイシャツは、襟に糊付けをして汚れを着けにくくするという方法もあります。糊付けを行うときは、クリーニング店の糊付けオプションを利用しましょう。
糊付け以外では、汚れ防止テープを貼るのも効果的です。
テープの長さは自由に調節できるため、服のサイズに合わせてカットしてください。汚れ防止テープは、男性・女性どちらの服でも使えます。

シーズン終わりに「しまい洗い」を行う

「しまい洗い」とは、服を長期間収納する前に行う洗濯のことです。汚れが残ったまま衣服を収納すると、黄ばみや黒ずみが発生しやすくなります。
シーズンが終わった服は、しまい洗いで汚れをしっかりと落としましょう。
水洗いができる生地は、酸素系漂白剤を溶かしたお湯に20分程度つけてください。色・柄物の衣服は漂白剤が使えませんので、クリーニングで汚れを取りましょう。

黄ばみはクリーニングを活用して確実に落とす

一度黄ばみができてしまうと、家庭の洗濯では簡単に落とせません。普段着ている服に黄ばみが現れたときは、クリーニングで確実に落としましょう。
クリーニングでは、抗菌・防虫オプションを行っています。
絶対に黄ばみを着けたくない服には、抗菌・防虫オプションを使うと効果的です。

関連記事

  • ワイシャツをクリーニングに出すメリットは?ワイシャツをクリーニングに出すメリットは? ワイシャツを自宅で洗うと、汚れが十分に落とせなくてがっかりしますよね。シワが残らないように毎回アイロンがけを行うのも、手間がかかります。 ワイシャツの手入れ時間を短くしたいなら、クリーニングを活用しましょう。 クリーニングなら、ほとんどの汚れを落とせますし、アイロンがけも必 […]
  • 浴衣はクリーニング出すべき?家庭で洗うのはNG?浴衣はクリーニング出すべき?家庭で洗うのはNG? 浴衣は汗や皮脂、化粧品など汚れが付きやすいため、正しくクリーニングをしなければシミが残ってしまいます。 お気に入りの浴衣も、しっかりクリーニングに出してきれいにしておかないと、翌年にシミや黄ばみが出てきて、着用できないという結果になるかもしれません。 今回は、浴衣の […]
  • クリーニング店の汗抜きとは?効果やメリットを解説クリーニング店の汗抜きとは?効果やメリットを解説 キレイに洗濯をしたはずなのに「汗臭い…」と感じた経験はありませんか? 洗濯をすれば汗や皮脂汚れがすべて落ちると思われがちですが、実は繊維の奥に入り込んだ汗汚れを完全に取り切ることは難しいのです。 汗汚れを放置しておくと、黄ばみが目立つので厄介ですよね。汗のニオイや汚れをしっ […]
  • 革ジャンはクリーニングに出せる?家でできるケアは?革ジャンはクリーニングに出せる?家でできるケアは? 革ジャンを何度も着用していると、ニオイやシミ、ほつれ、色ハゲなど気になる部分が目立ってきます。 他の衣類と素材が違うため、どのようなクリーニングが正しいのか迷われている人が多いでしょう。 そこで今回は、革ジャンのクリーニングについて紹介します。 &nb […]
  • 着物のクリーニングはどうすべき?着物のクリーニングはどうすべき? 着物を着た後「クリーニングはどうしよう」と、悩む人は多いのではないでしょうか。 着物のお手入れはしっかりおこなわないと、シミやカビ、虫食いなど発生するため、注意しなくてはいけません。 今回は、着物のクリーニングの仕方や、クリーニングを依頼する際の料金相場、クリーニン […]
  • ネクタイのクリーニングのポイント!家でも洗える?ネクタイのクリーニングのポイント!家でも洗える? ネクタイはスーツなどの衣類と違って、あまりクリーニングをしない人が多いです。 直接、汗や皮脂など汚れがつきにくく感じますが、実は食べ物やホコリなど目に見えないゴミが付着しているのをご存じですか? そのまま放置しておくとシミやニオイの原因となり、クリーニングをしてもキ […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F