帽子はクリーニング出すべき?自宅洗い不可能なアイテムの見極め方は?|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

「帽子の汚れが気になるけれど、家庭で洗っていいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。
帽子は型崩れをしてしまうと、せっかくのデザインも台無しになってしまいます。
今回は帽子の洗濯について、クリーニングに出す見極めポイントや、メリットについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

帽子をクリーニングに出すべき理由とは?

帽子は、おしゃれだけをするだけでなく、紫外線をカットや熱中症予防に役立ってくれるアイテムです。
汗をかきやすい季節に使用することも多く、手早くきれいにしたいと思う方も多いでしょう。
ですが、家庭で洗うにはリスクがあります。
クリーニング店に任せるべき理由を見ていきましょう。

帽子は型が崩れやすい

帽子にはいろいろな形がありますが、どんな形であっても原型を保つことで機能性やデザインを楽しめます。
しかし、帽子の形はほとんどの場合、縫製技術によって保たれているので、洗濯機や手洗いをしてしまうと型が崩れてしまうのです。
また、つばの部分に使われている素材も、製品によっては水に弱いことがあるため、変な癖がついてしまうこともあります。
型崩れをした帽子は使えなくなってしまうので、こうならないようクリーニングに出すのが正解です。

汚れを落としきれない

帽子には汗だけでなく、皮脂汚れや化粧汚れもつきます。
Tシャツなどは洗浄力が強い洗剤や、浸け置き漂白で汚れを落とせますが、帽子はデリケートなので、同じようにはいきません。
また、ごしごし洗うのもNGなので、繊維に入り込んだ汚れを落としきれないのも難点です。
残った汚れは、たとえ少しの間でも放置すると黄ばみやシミとなってしまいます。
つまり、自分で洗ったとしても、帽子の汚れをしっかり落とすのは困難で、汚れが残ってしまう可能性が高いです。
その理由もあって、クリーニング店に出すことをおすすめしています。

帽子をクリーニングに出すメリット

帽子のクリーニング代金は、帽子の種類やお店によって違いますが、普通のキャップであれば1,000円~、ハットは3,000円~、特殊なものやブランドものは5,000円以上かかることもあります。
価格だけ見ると自宅で洗いたくなるかもしれませんが、クリーニングにはそれだけのメリットがあるのです。

型を崩さず汚れをしっかり落とせる

クリーニング店では、帽子の形に合わせた型にはめて、形を崩さないようにクリーニングしてくれるので、型崩れの心配がありません。
また、汚れの種類に合わせて洗剤を変え、部分ごとに洗っていくので汚れもしっかり落とせます。
自宅で洗うデメリットとなる「型崩れ」「汚れ残り」が無いのがプロのクリーニングなので、汚れた帽子もきれいに仕上がります。

水洗い不可の帽子も洗える

帽子は水洗い不可のものが多いので、クリーニングにも出せないのでは、と思う方もいるかもしれません。
しかし、クリーニング店では帽子もドライクリーニングが可能です。
水洗いができない帽子は、素材がデリケートだったり、水を使ってはいけない芯材が使われていたりしますが、ドライクリーニングであれば素材や芯材を傷めずに汚れをすっきり落とせます。

オプションが付けられる

クリーニングに出す一番のメリットとも言えるのが、オプションが付けられることです。
「撥水加工」のオプションを付ければ急な雨でも安心ですし、汗も染みこみにくくなるためメンテナンスがしやすくなります。
少し料金は高くなりますが、管理しやすく使い心地もアップするので、3回に1回ぐらいの頻度でオプション加工をするのがおすすめです。

自宅で洗えない帽子の見極め方

自宅で洗えない帽子の見極め方は、洗濯表示をチェックすることです。
洗濯表示に「水洗い可」となっていれば自宅で洗濯をしても大丈夫ですが、結論から言うと「水洗い可」の帽子はほとんどありません。
子供用の帽子や通学帽であれば水洗いができるものもありますが、普通に販売されている帽子はほぼ水洗い不可となっています。
また、洗濯表示に関係なくクリーニングに出した方がよい帽子もあります。
たとえば、アランドロンが愛用していたことで有名なボルサリーノの帽子は、メンテナンスが難しく水洗い不可なので、必ずクリーニングに出しましょう。

大事な帽子はクリーニングできれいに保管しよう

帽子には、汗や皮脂汚れがつくので、洗わないと汚れが蓄積してしまいます。
また汚れた帽子を被っていると、頭皮トラブルなどの原因になりますし、帽子自体もきれいに保つことができません。
そのため、こまめに洗うのは正解ですが、自分で洗う場合は生地に合わせた洗い方や洗剤を使わなくてはいけませんし、シミなどは一つひとつ抜いていくなどかなりの手間がかかります。
かといって、放置をするとカビが発生したり黄ばんだりしてしまいます。

大事な帽子をいつまでもきれいに使い続けるためには、クリーニングに出して正しく保管することが重要です。
高級クリーニング店であれば、ブランドのアイテムや特殊な素材の扱いにも慣れているので、安心して任せられます。
また、目に見えない汚れやニオイまですっきり落としてもらえるので、ぜひ帽子もクリーニング店に出して、おしゃれを楽しんでください。

→東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる?ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる? ドライクリーニングは、クリーニング方法の一つです。クリーニング店のメニューで目にしたことのある方も多いと思います。最近は家庭用洗濯機にも「ドライ」という機能が搭載されています。 ここでは、ドライクリーニングとはどのようなものなのか、また家庭の洗濯機のドライコースでも同じ […]
  • ウールの縮みを復元するにはどうすれば良い?ウールの縮みを復元するにはどうすれば良い? 最近は、家庭で洗濯できるウールも増えていますが、実際に洗ってみたら縮んでしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。実はウールは、縮んでしまっても復元する方法があるのです。ここでは、知っているようで知らないウールの性質や、縮んだ時の復元方法などを紹介します。 […]
  • セーターの干し方のポイントを解説セーターの干し方のポイントを解説 セーターは寒い季節に欠かせないおしゃれアイテムですが、洗濯の仕方や干し方に注意しないと、伸びたり型崩れしたりしやすいのが難点です。洗濯や干し方を失敗すると元には戻らないので、手放すしかありません。このような失敗をしないためにも、正しい干し方や洗い方のポイントを押さえておきまし […]
  • デニム洗濯のポイント!頻度や色落ち防止で気を付けることは?デニム洗濯のポイント!頻度や色落ち防止で気を付けることは? 年齢・性別問わずに愛用されているデニムは、幅広い着こなしに活躍する便利なアイテムです。ただし、洗い方や干し方を適当にしてしまうと、色落ちや色移り、型崩れを起こすことがあるので要注意です。今回は、デニム洗濯のポイントをご紹介していきます。 デニムの最初の洗 […]
  • 衣類のカビはクリーニングで取れる?!衣類のカビ取り法を解説衣類のカビはクリーニングで取れる?!衣類のカビ取り法を解説 大事にしていた衣類にカビが生えてしまってショック!なんてことありませんか? […]
  • カシミアのマフラーを洗濯しよう!自宅でできる洗濯術を紹介カシミアのマフラーを洗濯しよう!自宅でできる洗濯術を紹介 やわらかい質感が魅力のカシミアのマフラーですが、洗濯の仕方に困っていませんか?間違ったやり方でダメージを与えてしまわないか心配ですよね。カシミアを洗濯するときはさまざまな注意点があります。美しく仕上がるようにポイントを押さえておきましょう。 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F