ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる?|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

ドライクリーニングは、クリーニング方法の一つです。
クリーニング店のメニューで目にしたことのある方も多いと思います。
最近は家庭用洗濯機にも「ドライ」という機能が搭載されています。

ここでは、ドライクリーニングとはどのようなものなのか、また家庭の洗濯機のドライコースでも同じように洗濯できるのかについてご説明していきます。

ドライクリーニングとはどのようなもの?家庭でもできる?

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは、水を使わずに洗うというクリーニング方法です。
こう聞くと、水を使わないでどうやって洗うのか不思議に思う方もいるでしょう。
では、どのようにして汚れを落とすのかドライクリーニングのメカニズムをご紹介します。

汚れを落とすメカニズム

ドライクリーニングでは水を使いませんが、水の代わりに有機溶剤を使います。
有機溶剤とは、石油や塩素などを原料とした溶質を溶かす液体のことです。
イメージしやすいものではマニキュアを落とす除光液が挙げられます。
除光液は水のような液体ですが、マニキュアを溶かす油が入っているので、爪に塗ってあるマニキュアを落とすことができます。

ドライクリーニングで使用する有機溶剤も油が主成分となっているため、この溶剤を使って洗うことで衣類についた油溶性の汚れを溶かして落とすというメカニズムになっています。

ドライクリーニングで落とせる汚れの種類

ドライクリーニングが得意なのは油汚れです。
油汚れというと、揚げ物や炒め物に使う油を思い浮かべるかもしれませんが、その他にも油を含む汚れはいろいろあります。
たとえば、ファンデーションや口紅などの化粧品にも油が入っていますし、油性ペンにも油が使われています。
また、汗や皮脂汚れにも体内から排出された油が含まれています。

たとえば、きちんと洗濯をしているのにトップスの襟元や首周りが黄ばむのは、脱ぎ着をするときにメイクが付着してしまったり、汗や皮脂汚れが付いたりしてしまうからです。
水洗いでもある程度は油汚れを落とせますが、ドライクリーニングほどの洗浄力がないため汚れが残ってしまい、時間の経過とともに黄ばみが発生します。

特にホワイトやベージュなどの衣類は黄ばみが目立つため、定期的にドライクリーニングをするのがおすすめです。

ドライクリーニングのメリット

最近の家庭用洗濯機はハイスペックで、汚れもしっかり落とせるので、わざわざクリーニング店でドライクリーニングをする必要はない、と思う方もいるかもしれません。
しかし、ドライクリーニングには水洗いにはないメリットがあります。

衣類の型崩れを防ぐ

ドライクリーニングをすると、衣類の型崩れを防ぐことができるのがメリットです。
今は、形状記憶機能がついたYシャツもありますし、洗濯ネットに入れればある程度家庭での洗濯でも型崩れを防げます。
しかし、何回も洗濯をしていると、形状記憶機能が低下したり、洗濯ネットに入れても型が崩れたりします。

ドライクリーニングは、洗浄工程終了後にアイロンを使って整形復元を行います。
アイロンが使えないコートやニットは高温スチームを使って風合いを復元するので、普段使いの衣類はもちろんフォーマルな衣類も型崩れの心配がありません。

水洗いでは落ちない油汚れを落とせる

前述しましたが、ドライクリーニングは水洗いでは落としきれない油汚れを落とせます。

水洗いをすれば、一見汚れが落ちているように見えます。ただ、衣替えなどで長期間仕舞っておくと、久しぶりに出してみたら黄ばんでいたという経験がある方もいるでしょう。
衣類に残った油汚れは、時間とともに酸化するため黄色くなってしまいます。
油汚れは時間が経つほど落ちにくくなるので、漂白剤を使っても黄ばみは落とせません。

ドライクリーニングは、自分では気が付かない油汚れまで落としきるので、大事な衣類の黄ばみを防げるのです。

ドライクリーニングは家庭ではできない

「ドライクリーニングは家庭用洗濯機でもできる」という情報もありますが、基本的に家庭でドライクリーニングはできません。

最近は「ドライマーク用洗剤」も販売されているので、家の洗濯機でもできると思っている方も少なくないようです。
しかし、ドライマーク用洗剤であっても、結局は水洗いをするのでドライクリーニングとはまったく違う仕上がりになります。

また、ドライクリーニングマークが付いていて水洗い不可の衣類を洗ってしまうと、縮んだり色落ちしたりしてしまうので気をつけましょう。
いずれにしても、ドライクリーニングは専用の機材と溶剤を使って行なう洗濯方法なので、情報に惑わされず、家庭ではできないことを覚えておいてください。

大切な衣類はプロにドライクリーニングをしてもらおう!

ドライクリーニングマークが付いていても、クリーニング店に持っていくのが面倒だったり、お金がかかったりするので、どうにかして自宅で洗いたいという方もいると思います。
しかし、洗濯表示はその衣類に適している洗い方、適さない洗い方を表記しているので、きちんと守らないと衣類がダメになってしまいます。

ちょっとした手間やお金を惜しで、お気に入りの洋服が着られなくなってしまうのはもったいないです。
ドライクリーニングはプロの技術ともいえる洗濯方法です。
いつまでも綺麗に着られるように、大切な衣類はクリーニング店に出すのがおすすめです。

→東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • セーターの干し方のポイントを解説セーターの干し方のポイントを解説 セーターは寒い季節に欠かせないおしゃれアイテムですが、洗濯の仕方や干し方に注意しないと、伸びたり型崩れしたりしやすいのが難点です。洗濯や干し方を失敗すると元には戻らないので、手放すしかありません。このような失敗をしないためにも、正しい干し方や洗い方のポイントを押さえておきまし […]
  • デニム洗濯のポイント!頻度や色落ち防止で気を付けることは?デニム洗濯のポイント!頻度や色落ち防止で気を付けることは? 年齢・性別問わずに愛用されているデニムは、幅広い着こなしに活躍する便利なアイテムです。ただし、洗い方や干し方を適当にしてしまうと、色落ちや色移り、型崩れを起こすことがあるので要注意です。今回は、デニム洗濯のポイントをご紹介していきます。 デニムの最初の洗 […]
  • 帽子はクリーニング出すべき?自宅洗い不可能なアイテムの見極め方は?帽子はクリーニング出すべき?自宅洗い不可能なアイテムの見極め方は? 「帽子の汚れが気になるけれど、家庭で洗っていいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。 […]
  • 衣類のカビはクリーニングで取れる?!衣類のカビ取り法を解説衣類のカビはクリーニングで取れる?!衣類のカビ取り法を解説 大事にしていた衣類にカビが生えてしまってショック!なんてことありませんか? […]
  • カシミアのマフラーを洗濯しよう!自宅でできる洗濯術を紹介カシミアのマフラーを洗濯しよう!自宅でできる洗濯術を紹介 やわらかい質感が魅力のカシミアのマフラーですが、洗濯の仕方に困っていませんか?間違ったやり方でダメージを与えてしまわないか心配ですよね。カシミアを洗濯するときはさまざまな注意点があります。美しく仕上がるようにポイントを押さえておきましょう。 […]
  • 服についた汗の臭いを消す洗濯方法とは?服についた汗の臭いを消す洗濯方法とは? きちんと洗濯をしているのに、なぜか汗の臭いが消えないという経験をしている方も多いのではないでしょうか。また、ジャケットやワンピースなど頻繁に洗濯できない衣類の臭いが気になることもあるでしょう。ここでは、服の臭いの原因や汗の臭いを消す洗濯方法をご紹介します。 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F