お役立ちコラム|東京の高級ブランドクリーニング アルテフェロ

お役立ちコラム

日本には海外に誇れる着物文化があります。しかし、着物は気軽に洗えるものではありませんし、生地がとてもデリケートなので、着ている時にも気を遣います。
「食べ物や飲み物などでシミを付けてしまうのではないか」「保管の仕方が悪くてシミができてしまうのでは」など心配ごともあるのではないでしょうか。
ここでは、着物の染み抜きについて紹介します。

着物の染み抜きを自分でしても大丈夫?

着物の染み抜きを自分で行うのは不可能ではありません。ただし、着物の生地はとてもデリケートですし、物によっては異なる種類の糸を使っていることもあります。普通の衣類よりも慎重かつ丁寧に行う必要があります。
間違った方法をすると、生地が傷んだり色落ちしたり、リカバリーできないような状態になってしまうこともあるので、プロに任せるのが一番です。

染み抜きを自分で行う方法

着物に限らず、染み抜きの基本は汚れの種類に合わせることです。
汚れの種類によって落とせる洗剤は異なるので、シミをよくチェックして、汚れに適したやり方で行ってください。

汗のシミは水で落とす

襟元などは汗が付きやすいので、汗をかいた時はこまめに拭くことが大切です。
しかし、シチュエーションによっては拭けないこともありますし、自分では気にならないこともあるかもしれません。汗ジミは放置すると変色するので、着物を脱いだらすぐに、汗ジミが付いていそうな部分に、霧吹きで水をかけて湿らせましょう。その後、タオルで押さえながら水分をしっかり吸収させ、風通しの良いところに陰干しをしてください。

飲み物や調味料などの液体汚れは中性洗剤を使う

コーヒーやお茶、お酒、醤油やソースなどの液体汚れが付いてしまったら、できるだけ早めに染み抜きをするのがポイントです。まずはシミの裏側にタオルを敷き、中性洗剤を水で15倍ほどに薄めます。タオルに薄め液を染みこませたら、汚れの部分を軽くたたいて、汚れを裏のタオルに移しましょう。汚れが落ちるまでタオルを取り替えながら行ってください。

泥汚れは乾いてから落とす

泥はねなどで泥汚れが付いてしまったら、すぐに落としたくなるかもしれませんが、濡れた状態で落とそうとすると逆に汚れが広がってしまいます。たとえ気になるとしても、乾くまで待ちましょう。しっかり乾いたら、衣類用のブラシで泥を軽く払うイメージでブラッシングします。この時、ごしごし擦ったりすると泥が糸の隙間に入り込んでしまうので、ブラシを少し浮かせて細かく動かしながら泥を払ってください。それでも落ちない場合は、軽く手で揉んでから、再度ブラッシングをすればきれいに落とせます。

油性のシミはプロに依頼を

口紅や、カレーなど、油性のシミは普通の洗剤では落としにくい性質があります。普通の衣類であれば、メイク落としや食器洗い用洗剤を使って落とすことも可能ですが、着物の場合は生地へのダメージが心配です。そのため、できるだけ早くプロのクリーニングできれいにしてもらうようにしましょう。

着物の染み抜き後の乾かし方

染み抜きをしたら、着物をしっかり乾かさなくてはいけません。ただし、素人が染み抜きをすると汚れが広がって輪染みができてしまうことがあるので、乾かし方にも一工夫しましょう。輪染みができないようにするには、染み抜きをした部分に、霧吹きで軽く水を吹きかけるのがポイントです。この時、染み抜きの中心部分にかけるのではなく、染み抜きの周りをぼかすように吹きかけてください。
軽く霧吹きをしたら、乾いたタオルで水分を取り、ドライヤーでシミの外側から内側に向かって乾かすと輪染みができません。着物は熱に弱いので、ドライヤーは冷風もしくは低温度の設定にしましょう。輪染みができていないことを確認したら、湿気が残るのを防ぐために、着物用のハンガーに吊し、風通しが良いところで陰干しをしてください。

着物の染み抜き料金はいくら?

大事な着物の染み抜きはクリーニング店でやってもらいたいという方もいるでしょう。基本的に、クリーニング代と染み抜きは別料金になりますから、ここで気になるのが染み抜き料金ですね。料金設定はお店ごとに違いますし、シミの種類によっても変わるのですが、平均すると1,500円から5,000円前後が相場となっているようです。おろしたての着物で、特に汚れていなければ染み抜きだけでも大丈夫ですから、3,000円ぐらいと見ておけば良いでしょう。クリーニングもする場合、10,000円が料金相場です。また、前述したようにシミの落としやすさで料金は変わるので、事前に見積もりを取っておくと安心です。

着物の染み抜きはプロに任せるのが正解です

自分での着物の染み抜きをすることは可能ですが、時間が経ったシミは落ちづらいため、自己流で行うと生地を傷めてしまうかもしれません。また、染み抜きのせいで変色してしまう可能性もあります。せっかくの着物が染み抜きのせいでダメになってしまったら元も子もないので、気になるシミがあったら、確かな技術を持った高級クリーニング店に任せましょう。

関連記事

  • ボールペンの染み抜きの方法とは?ボールペンの染み抜きの方法とは? ボールペンで袖口をひっかいてしまった、ポケットにペン先を出したまま入れてしまった、という経験を持っている方も多いのではないでしょうか。 ボールペンのシミは洗濯すれば落ちるイメージがありますが、実は意外に落としづらく、何回洗濯をしても落ちません。ボールペンの色はくっきりとして濃く […]
  • コーヒーの染み抜きの方法を知っておこうコーヒーの染み抜きの方法を知っておこう 出勤前やランチ後、仕事の合間のひとときにコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。 普通なら、ほっと一息つけるコーヒーブレイクですが、うっかりこぼしてしまうということもあります。 コーヒーの色素は濃いので、ちょっと拭いたぐらいでは落ちません。また、時間が経つほど落としにくくな […]
  • ニットのシミの落とし方は?時間がたったものも落とせる?ニットのシミの落とし方は?時間がたったものも落とせる? 衣替えが終わり、お気に入りのニットを着てみたらシミが付いていた、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。 ニットの繊維は柔らかく、いろいろなタイプの色素が沈着しやすいため、ちょっとした汚れでもすぐに落としておかないとシミになってしまうので要注意です。 ここでは、ニットのシ […]
  • スラックスのクリーニングの頻度や相場は?スラックスのクリーニングの頻度や相場は? スラックスは自宅でも洗濯できますが、しっかり折り目がついた綺麗な状態を保つにはクリーニングに出すことも必要です。 ここでは、スラックスのクリーニングの頻度や相場、クリーニングに出す時の注意点などを紹介していきます。 スラックスのクリーニングの頻度について スラックスのクリー […]
  • ワンピースをクリーニングに出す頻度や注意点をチェックワンピースをクリーニングに出す頻度や注意点をチェック ワンピースはデリケートな素材やデザインなので、クリーニングに出すのが一般的です。 しかし、着る度にクリーニングに出すとコストもかかりますし、綺麗に仕上げてもらうには出す時の注意点もあります。 ここでは、ワンピースのクリーニングについて詳しく説明していきます。 ワンピースのク […]
  • Tシャツをクリーニングに出すメリットと家庭洗いの注意点Tシャツをクリーニングに出すメリットと家庭洗いの注意点 Tシャツを洗濯したら「首周りが伸びた」「ごわついて着心地が悪くなった」という経験を持っている方も多いのではないでしょうか。 実は、Tシャツは想像以上にデリケートなので、数回に1回はクリーニングに出すのが、いつまでも綺麗に着こなす秘訣です。 ここでは、Tシャツのクリーニングについ […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F