毛布のクリーニングのポイント!家庭洗いとクリーニングの違いとは?|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

寒い冬の夜を温かく過ごすのに欠かせないのが毛布です。
あまり汚れが目立たないように思えますが、直接肌に触れる毛布には、よく見ると埃や髪の毛が付着していたりします。
また、目には見えない汗や皮脂汚れなども吸っているため、清潔に使うためにはお手入れが必要です。
ここでは、毛布のクリーニングのポイントについて紹介していきます。
家庭洗いの方法や、クリーニングに出すメリットをまとめたので、参考にしてくださいね。

 

 

毛布を家庭で洗う方法と注意点

どんな毛布でも家庭で洗えるわけではないため、まずは洗濯表示を確認します。
毛布の端の方に付いている洗濯表示タグに「手洗いマーク」が付いている場合は手洗いしてください。
洗濯機マークがあっても洗濯機に毛布が入らない場合は同様に手洗いします。

ポリエステルやアクリル、綿などの素材であればほとんどが自宅で水洗いできます。
シルクやカシミヤなどの高級素材でできた毛布は、ポリエステルなどに比べてデリケートなため家庭で洗うのは避けた方が良いです。

 

毛布を手洗いする方法

洗う前に物干し竿にかけ、ブラシなどで埃や髪の毛を落としておくのがベターです。
毛布は通常の衣類に比べてかなり大きいため、バスルームの浴槽を洗濯槽代わりに使用しましょう。

浴槽にぬるま湯を張り、中性洗剤やおしゃれ着洗い用洗剤を溶かし、その中に毛布を入れて押し洗いしていきます。
すすぎは最低でも2~3回は行い、洗剤の泡を落としきったら水気を切ってください。

 

毛布を洗濯機で洗う方法と注意点

洗濯表示タグに「洗濯機マーク」が付いている場合は洗濯機で洗うことができます。

毛布は摩耗で毛玉ができることがあるため、毛布用の洗濯ネットに入れて洗うのが望ましいです。
ネットに入れる際は、山折りと谷折りを繰り返す屛風畳みが理想的。そのまま洗濯機に入れてしまうと、毛布の傷みや洗濯機の故障につながるため気を付けましょう。
洗濯機の設定を「毛布コース」や「手洗いモード」「弱水流」などにし洗ってください。

 

毛布の乾かし方と正しい保管方法

毛布を半乾きの状態で保管すると、ダニやカビ、雑菌が繁殖して不衛生です。
冬場に洗濯した場合、日照時間が短いため乾きにくい欠点があります。物干し竿を2本使用し、M字になるようにかけて風通しの良い場所に干すようにします。
毛布が完全に乾いた後が肝心です。誤った方法で保管しておくと毛布を傷めてしまうため、正しい方法を知っておきましょう。

毛布にダニや臭いなどを発生させないためには、通気性を確保する必要があります。
通気性の悪いビニール袋で保管すると虫食いや臭いの発生リスクが高くなるため、不織布で覆って収納するのがおすすめです。

クローゼットにスペースがない場合、圧縮袋で真空状態にして収納する方法もあります。
空気に触れることがなくなり、汚れの付着や臭いの発生が抑えられるのも利点です。

 

毛布をクリーニングに出すメリット

毛布をクリーニングに出すと料金が高いというイメージがあるかもしれません。
しかし、メリットが多いのも事実です。

 

毛布をクリーニングに出せばダニや汚れも除去できる

毛布をクリーニングに出すメリットは、やはり手間や時間を省けることでしょう。
自宅で毛布を洗うとなると、洗濯する作業はもちろんのこと、乾かす作業は想像以上に大変です。
濡れて重たくなった毛布を洗濯機から取り出すにも力が要りますし、毛布を乾かすのに広い場所や長い時間を必要とします。

一方、クリーニングに出した場合は一連の作業はすべてお店に任せることができます。
さらに、専門的な技術と高温乾燥によって、自宅での洗濯では落としきれない汚れやダニなどを除去することも可能です。

 

集配可能なクリーニングなら持ち込みや回収の負担がない

集配のサービスを行っているクリーニング店であれば、集荷にきてもらい、クリーニング後に自宅に届けてもらえます。
重量のある毛布をわざわざ持ち込む必要もないため、忙しい方、一人暮らしの女性や年配の方にも便利です。

 

保管サービスを利用すればクローゼットもすっきり

クリーニング店によっては、長期保管が可能なお店もあります。
寒い時期にしか使用しない毛布は、夏の間クリーニングに保管してもらうのも便利。場所をとりがちな毛布を預ければ、クローゼットもすっきりします。
また、湿度や温度の管理がきっちりされている場所で保管してもらえるので、カビやダニの発生の心配がないのも魅力です。

 

毛布をクリーニングに出す頻度は?

毛布をクリーニングにいつ出すのか迷う方も多いことでしょう。毛布は1年に2回クリーニングに出すことをおすすめします。
長期間にわたりクローゼットで眠っていることから、湿気や埃、ダニを含んでいることは否めません。念のため、使い始め(秋~冬)に1度、そして毛布をしまう前(春)にも1度クリーニングに出すと良いでしょう。

 

まとめ

毛布は家庭洗いができるものもありますが、洗う手間や時間がかかり、乾かすのも大変です。その点、プロの業者にクリーニング依頼すると、負担なく毛布をきれいにできます。ダニや汚れをしっかり落とせるという点も大きなメリットですね。

集荷サービスや保管サービスを利用できれば、さらに利便性が高いです。
衛生面でも安心できるクリーニング店の毛布クリーニング、年に1度はクリーニングをお願いしたいですね。

関連記事

  • 油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的?油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的? 間違って油性ペンが服に付いてしまったとき、どんな方法でインクを落としていますか? さまざまな方法でインクを落としたけど、薄くなるどころか全く消えないという状況もあるでしょう。 中には、インクが滲んでしまって、油性ペンの汚れが広がってしまったというケースもあります。 実は油性 […]
  • スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は?スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は? 人気のウィンタースポーツといえば、スノーボード。 ゲレンデを見渡すと、大人だけではなく子供と一緒に親子で楽しむ姿もよく見かけます。 シーズン中、たくさん使用したスノボウェア、クリーニングをしていますか? 雪の上でしか着用しないので一見きれいに見えるスノボウェアですが、よく見 […]
  • 喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは 一年に数回、着用するかしない喪服、きちんと洗濯していますか? 喪服は色やデザイン性から、汚れがあまり目立たないため洗濯をせずに保管する人も多いでしょう。 しかし、喪服は線香のにおいや埃などが付着しやすいため、洗濯をしないまま保管するのはおすすめしません。 今回は、喪服の洗濯 […]
  • オイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とはオイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とは 揚げ物の調理中や食事中に洋服に飛んでしまった油、放置していませんか?オイルは時間が経つと落ちにくい性質があるため、早めに対処しなくてはいけません。そこで今回は、オイル染みの判断方法や服に付いた油の度合いに合わせた染み抜き方法などについて、詳しく解説します。 これってオイル? […]
  • キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは?キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは? 洗濯用洗剤の成分によく含まれている「キレート剤」、一体どんな成分なのか気になったことはありませんか? 配合する成分によって洗浄力や肌触り、肌への刺激などが変わってくるため、あまり見慣れない成分が含まれていると心配という人も多いでしょう。 そこで今回は、洗濯用洗剤に […]
  • カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェックカーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック 誰しも1着はお気に入りのカーディガンを持っているのではないでしょうか。 ですが、着ているうちに袖や胸元、裾などが汚れたり、毛玉ができたりしてしまうことも…。きれいな状態で長持ちさせるには、日ごろのケアがポイントになります。 今回は、カーディガンをクリーニングに出すメリットや、 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F