お役立ちコラム|東京の高級クリーニング アルテフェロ

お役立ちコラム

レザージャケットはきちんとメンテナンスすることで、長く着用できるアイテムです。
自宅で洗濯することも不可能ではありませんが、大切なレザージャケットであればクリーニング店に任せたほうが安心です。
しかし、レザージャケットのクリーニングはどれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?ここでは、レザージャケットをクリーニングに出すべき頻度や、お手入れ方法などを紹介します。

 

 

 

レザージャケットはクリーニングに出すべき?

本革のレザージャケットは家庭でクリーニングするのは難しいです。
合成皮革の場合も家庭洗濯が可能なものを除き、基本的にはクリーニング店に任せるべきアイテムです。
家庭で洗えるものでも「自宅で洗濯をする時間や手間を省きたい」「失敗リスクを避けたい」のであれば、クリーニングに出すことをおすすめします。

 

レザージャケットはいつクリーニングに出す?

レザージャケットはお手入れを必要としますが、あまり頻繁に洗うと革を傷めてしまうため、シーズンごと(最低でも1年に1回)の頻度で、クリーニングに出すのがベターです。クリーニング店では、汚れだけでなく、レザージャケットの色やけや変色をリペアしてもらうことも可能です。レザージャケットをクリーニングに出す場合、通常の納期よりも長くなります。
30日程度かかる場合もあるので、クリーニングに出す時には納期の確認はマストです。クリーニングに出すタイミングとしては、シーズンの終わりに出すか、あるいはシーズン前に余裕をもって出すのが良いです。

 

レザージャケットのクリーニング代はいくら?

レザージャケットをクリーニングに出す場合の料金は、店舗によって、また合成皮革か本革かで大きく異なります。本革は天然皮革で作られた素材で、牛や羊など動物の革が用いられています。
合成皮革に比べて劣化しにくく、きちんとお手入れをすれば10年以上着用することも可能です。本革のレザージャケットをクリーニングに出す場合、お店によって異なりますが1万円程度が相場なっています。高価なものほど料金も高くなる傾向にあるため、クリーニング店に前もって確認することをおすすめします。

一方、合成皮革は、布地にポリ塩化ビニールやポリウレタン樹脂などの合成樹脂を塗り、天然の皮革に似せた素材です。見た目は革のようですが、あくまでもビニール素材のため寿命が短い傾向にあります。クリーニング代は、本革より安くなりますが、デザインや素材によって異なるのでお店に確認しましょう。

 

レザージャケットのお手入れと保管方法

レザージャケットは日々のお手入れや保管方法も大切になってきます。
お手入れのコツや保管方法について解説していきます。

 

レザージャケットのお手入れ方法

レザージャケットは頻繁に洗えないので、ブラッシングでほこりや汚れを落とすのがポイント。
表面の汚れを落として、きれいにしておきましょう。ブラシは衣類を傷つけない天然素材のもの(馬の毛のブラシ)を使用するのがおすすめです。
目につく汚れがあったら、布やクロスで優しく乾拭きして拭き取ります。それでも落ちない場合は、ぬるま湯につけた布を固く絞ってから拭き取りましょう。
汚れを落としたら、革製品用のオイル(ミンクオイル)で油分を補います。オイルを含ませた布で、ジャケットをポンポンと叩きながら油分を染み込ませましょう。
仕上げに乾拭きをしたら、お手入れ完了です。

日頃注意することですが、革は水分や雨に弱いため、天気の悪い日には着用を避けるのがベターです。
万が一雨に濡れた場合には、タオルで乾拭きした後、風通しの良い日陰に干して乾燥させてください。

 

レザージャケットの正しい保管方法

レザージャケットは正しく保管しておかないと、カビが生えたり変色したりして寿命が短くなる恐れがあります。クローゼットに収納する方が多いでしょうが、風通しの良い室内に太めのハンガーにかけて干しておくのが理想的です。というのも、クローゼットは高温多湿になりやすくカビが好む環境だからです。
どうしてもクローゼットで保管したい場合は、除湿剤や除湿器を置くようにしましょう。

また、クリーニングに出した後、衣類はビニール袋に入れられて手元に戻ってきますよね。
ビニール袋のまま保管しておくと湿気が溜まりやすいため、必ず外すようにしてください。

クリーニング店の中には、レザージャケットのクリーニングだけでなく、保管サービスを行っているところもあります。
自宅での洗濯が不安な時や保管に困った時には頼りになりますね。

 

まとめ

レザージャケットは家庭で洗うことが難しいアイテムです。クリーニング店でも、高級クリーニングなど特殊な素材のクリーニングが可能なお店でないと対応していない場合もあるので、確認してから出しましょう。クリーニング料金は1万円~としているお店が多く、オプション等によっても変わるので、料金も事前に確認しておくと安心です。クリーニングに出す頻度は、年に1回程度で問題ありませんが、家庭で簡単なお手入れをしておくと良い状態をキープできます。また、保管状態が悪いとカビの発生などにもつながるので、湿度にも気を付けましょう。クリーニング店の保管サービスを利用するのもおすすめです。

関連記事

  • 財布のクリーニングはプロに依頼すべき?財布のクリーニングはプロに依頼すべき? 財布は素手で触るものなので、使っているうちにどんどん汚れてしまいます。 黒以外のカラーだと、とくに汚れが目立ってしまうので、気になったらクリーニングに出すのが正解です。 ブランド財布や革財布はもちろん、お気に入りの財布はクリーニングで綺麗な状態を保つことが気持ち良く使うコツです […]
  • ゴアテックスはクリーニングに出して大丈夫?ゴアテックスはクリーニングに出して大丈夫? アウトドアアイテムの素材として有名なゴアテックス。特殊な素材なので、自分でお手入れをするのは難しいイメージがあるかもしれません。 そして、しまう際に「クリーニングに出した方がよいのか」迷っている方も多いでしょう。 ゴアテックスのクリーニングについて 風の侵入を防ぐだけではなく […]
  • ダウンコートをクリーニングに出す頻度や気を付けたいことダウンコートをクリーニングに出す頻度や気を付けたいこと 撥水加工やライトダウンなど、機能性も高く、コーディネート次第でカジュアルにもエレガントにも着こなせるダウンコートは、冬のマストアイテムですね。 ただし、使用頻度が高いだけに、きちんとお手入れをしないと、へたりや汚れが気になります。 ここでは、大事なダウンコートをクリーニングに出 […]
  • 毛皮コートのお手入れ方法をチェック!毛皮コートのお手入れ方法をチェック! 毛皮のコートは、普通の衣類のように繊維で作られているわけではなく、名前の通り動物の毛(ファー)や皮を使っているのでとてもデリケートです。 湿度や乾燥など空気の影響も受けやすく、シミや変色が起こってしまうと自分では落とせません。 毛皮のコートは高額なので、正しいお手入れと保管方法 […]
  • クリーニングのハンガーをそのまま使って大丈夫?家で保管する時のポイントクリーニングのハンガーをそのまま使って大丈夫?家で保管する時のポイント クリーニングに出した衣類はハンガーにかけられて返ってきますが、その後はどうしていますか? 「せっかくハンガーにかけられているから、そのまま保管する」という人も多いかもしれませんね。 今回は、クリーニング店のハンガーはそのまま使用して大丈夫なのか、クリーニング後の衣類を保管するポ […]
  • スキーウェアをクリーニングに出す頻度や注意点は?スキーウェアをクリーニングに出す頻度や注意点は? スキーは雪が降る寒いところで行うスポーツなので、あまり汚れないイメージを持っている人もいるかもしれません。 しかし、実際にはスキー板の油や雪、汗などで汚れるため、クリーニングをしなくてはいけません。 ここでは、スキーウェアをクリーニングに出す頻度や出す時の注意点をご紹介します。 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F