ネクタイはクリーニングに出した方がいい?頻度や料金相場は?|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

ネクタイはビジネスマンの顔といっても過言ではありません。ピシッとネクタイを締めていると、周囲からも清潔感があるしっかりした人だというイメージを持ってもらえます。一方で、シミやヨレがあるネクタイは不快感を与える要因になってしまいます。
ビジネスマナーとしてもネクタイはきれいにしておくべきですから、ぜひこのコラムを参考にして清潔さを保ってください。

ネクタイはクリーニングに出した方がいい?頻度や料金相場は?

ネクタイの汚れは見た目以上

一見きれいに見えるネクタイでも、実は多くの汚れが付着しています。例えば、埃は普通に生活しているだけでも自然と付着してしまうものです。
また、知らないうちに食べ物の汁やソースなどがはねて付いてしまう場合もあります。
夏場では、汗などにも気を付けたいところです。
このように、ネクタイにはさまざまな汚れが付いている可能性があるので、クリーニングに出して清潔にしておきたいアイテムです。

ネクタイは自宅で洗える?

ネクタイは素材によっては、自宅で洗濯することもできます。洗濯表示があれば、家庭洗いが可能か確認してみましょう。桶のマークに×印が付いていたら、洗濯はできません。型崩れだけでなく、生地を傷めてしまうので注意してください。

ポリエステル素材のネクタイであれば、洗える可能性が高いでしょう。ポリエステルのネクタイは、シルクなどの高級な素材とは光沢感や質感の面で劣ってしまいますが、手入れが簡単であるというメリットは魅力的です。

ネクタイをクリーニングに出すとメリットがある

ネクタイは自宅で洗えるタイプもありますが、シルクの場合は不可能なものが多いでしょう。また、自宅で洗えるものであっても、クリーニングに出した方がきれいに仕上がります。
ここでは、クリーニングに出すことでどのようなメリットがあるかご紹介します。

型崩れを防げる

自宅で洗った場合、きれいな形を保つことはなかなか難しいものです。型崩れしたりシワができたりすると、使い物にならなくなってしまいます。せっかく汚れを落としても、形が崩れてよれよれになったネクタイを締めていると、だらしなく見えてしまいます。プロの手で、型崩れのないきれいな状態に仕上げてもらいましょう。

自宅で洗うより汚れがきれいに落ちる

自宅で落とせる汚れには限界があります。特にカビや染みついてしまったソースなどの調味料は、自宅ではなかなか落とせません。
しかし、クリーニング店に持ち込めば、きれいにしてもらえる可能性が高いです。目立つ汚れが付いてしまった場合は、すぐにクリーニングに出しましょう。時間が経つと汚れは繊維の奥まで染み込んでしまい、落ちにくくなってしまいます。

特別な素材でも丁寧に仕上げてもらえる

カシミヤやウール、シルクのように自宅でのお手入れが難しい特別な素材でも、クリーニング店なら洗濯から仕上げまできちんと行ってくれます。これらの素材は自宅で洗えるようにできていないため、取り扱いを間違えると使えなくなってしまう可能性もあります。
特別な素材や高級アイテムのクリーニングに慣れたクリーニング店に、依頼するようにしましょう。

ネクタイをクリーニングに出す頻度

クリーニングには約3か月に1度の頻度で出すのがおすすめです。もちろんひどい汚れがある場合は、その限りではありません。すぐにクリーニングに出して、汚れを落としてください。

夏場など、明らかに汗を吸っている場合は2週間に1度くらいの頻度で出してもいいですが、生地の傷みにつながるため、クリーニング店に相談するようにしましょう。クリーニングをすると、少なからずダメージがあります。毛羽立ちや色落ちにつながることもあるので、信頼できるクリーニング店に任せることをおすすめします。

ネクタイを保管する方法

クリーニングできれいにしたら、清潔さと正しい形を保つために正しく保管してください。せっかくきれいにしても、適当に保管をしていると、台無しになってしまいます。いざ締めようという時にぐちゃぐちゃになっていた、ということがないように気を付けましょう。

平置き

ネクタイを2つ折りにして平らな場所に置く保管方法は、手間もかからない上に道具も要らないのでおすすめです。平置きをしておくだけでシワが付くことを防げます。また、カバーをかけておくと埃から守ってくれるため、クリーニングに出したての状態をキープできます。

丸める

まず真ん中で2つ折りにし、それを芯にして巻き込んでいきます。あまり力をこめず、きつく丸めすぎないように注意してください。

掛ける

ネクタイを掛ける時は、複数本まとめてではなく1本ずつ掛けましょう。ネクタイ専用ハンガーを利用することをおすすめします。掛けておくだけでシワ伸ばしになり、きれいな状態を保てます。

ネクタイをクリーニングに出す際の相場

クリーニングの料金相場は約350円~600円です。ただし、ウェットクリーニングの利用、染み抜きなど、オプションの利用などでも料金が異なるので注意が必要です。

まとめ

ネクタイはクリーニングに出した方が型崩れの心配もなく、気になる汚れをすっきり落としてもらえるでしょう。約3か月に1度を目安に、定期的にクリーニングに出すことをおすすめします。

アルテフェロは、高級クリーニングが得意なクリーニング店です。繊細なアイテムの扱いに精通したプロの職人がクリーニングを行いますので、お気に入りのネクタイのクリーニングもお任せください。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • 油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的?油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的? 間違って油性ペンが服に付いてしまったとき、どんな方法でインクを落としていますか? さまざまな方法でインクを落としたけど、薄くなるどころか全く消えないという状況もあるでしょう。 中には、インクが滲んでしまって、油性ペンの汚れが広がってしまったというケースもあります。 実は油性 […]
  • スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は?スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は? 人気のウィンタースポーツといえば、スノーボード。 ゲレンデを見渡すと、大人だけではなく子供と一緒に親子で楽しむ姿もよく見かけます。 シーズン中、たくさん使用したスノボウェア、クリーニングをしていますか? 雪の上でしか着用しないので一見きれいに見えるスノボウェアですが、よく見 […]
  • 喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは 一年に数回、着用するかしない喪服、きちんと洗濯していますか? 喪服は色やデザイン性から、汚れがあまり目立たないため洗濯をせずに保管する人も多いでしょう。 しかし、喪服は線香のにおいや埃などが付着しやすいため、洗濯をしないまま保管するのはおすすめしません。 今回は、喪服の洗濯 […]
  • オイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とはオイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とは 揚げ物の調理中や食事中に洋服に飛んでしまった油、放置していませんか?オイルは時間が経つと落ちにくい性質があるため、早めに対処しなくてはいけません。そこで今回は、オイル染みの判断方法や服に付いた油の度合いに合わせた染み抜き方法などについて、詳しく解説します。 これってオイル? […]
  • キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは?キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは? 洗濯用洗剤の成分によく含まれている「キレート剤」、一体どんな成分なのか気になったことはありませんか? 配合する成分によって洗浄力や肌触り、肌への刺激などが変わってくるため、あまり見慣れない成分が含まれていると心配という人も多いでしょう。 そこで今回は、洗濯用洗剤に […]
  • 服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック ボールペンのインクが服に付いてしまい、落とすために苦労したという方は多いのではないでしょうか。 インクが付いてしまうのは日常においてよくあること。とはいえ、大切な服に汚れが付いたままにはしておきたくありませんよね。 そこで今回は、服にボールペンのインクが付いた時の落とし方につ […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F