服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

ボールペンのインクが服に付いてしまい、落とすために苦労したという方は多いのではないでしょうか。
インクが付いてしまうのは日常においてよくあること。とはいえ、大切な服に汚れが付いたままにはしておきたくありませんよね。

そこで今回は、服にボールペンのインクが付いた時の落とし方についてご紹介します。インク汚れで困っているという方は、ぜひ参考にしてください。

服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック

服に付いたボールペンのインクは落とせる?

服に付いたボールペンのインクを落とすことは可能です。自分で落とすことができる場合もあるため、インクを落とすためにできることを知っておきましょう。

知っておきたいのは、ボールペンの種類によって落とし方が異なるということです。同じ方法では全てのボールペンのインクを落とすことはできません。
まずは、自分が付けてしまったボールペンの種類を確かめるところから始めていきましょう。

ボールペンのインクが水性・ゲルインクの場合

ボールペンが水性あるいはゲルインクだった場合は、洗濯用の弱アルカリ性の洗剤が効果的です。ただし、色柄物は色落ちしてしまう可能性があるため、目立たない場所に少し洗剤を付けて色落ちしないことを確認する必要があります。

まず、机の上にタオルを敷き、その上に染みが付いている面を下向きにして置きましょう。続いてその部分に洗濯用の弱アルカリ性洗剤を付けてください。この上を歯ブラシで軽く叩き、下に敷いているタオルにインクを染み込ませるように動かしましょう。染みがある程度落ちたら、洗濯機で洗うか手洗いをしてください。

また、ゲルインクの場合は落としにくいため、同じ方法で落とせないこともあります。そういった時には、無理にこすったりせずにクリーニング店に持ち込みましょう。

ボールペンが油性の場合

ボールペンが油性インクである場合も基本的なやり方は同じです。

まずは平らなところにタオルを敷き、その上に染みが付いた面を付けて置きます。ここからが水性・ゲルインクとの違いですが、油性の場合はクレンジングオイルを付けましょう。また、時間が経ってしまったら除光液が効果的です。

あとは水性インク同様に歯ブラシで染みを叩いていきます。これで洗濯をすれば、染み抜き完了です。

フリクションボールペンのインクの場合

書いて消せるボールペン、人気のあるフリクションボールペンのインクですが、このインクを落とすことはできるのでしょうか。
フリクションインクは温度の変化を利用して簡単に落とせる仕組みになっています。

具体的な方法として、アイロンを当てるのが効果的です。熱したアイロンを当てるだけで、インクを消すことができます。フリクションインクは60℃以上の熱を当てると消える性質を持っています。

しかし「温度が下がるとインクの色が復活するのでは?」と心配になりますよね。実は、フリクションインクは、マイナス20℃以下の気温に晒されると再び色が浮き上がってくるという性質も持っています。マイナス20℃に晒されることがなければ、汚れが復活する心配はないでしょう。

(※)参照:株式会社パイロットコーポレーション「とっても便利な消せるボールペン。でも…、色が消えるのはなぜ?」

インクが付いた時にしてはいけないこと

インクが付いた時に気を付けたいのが、応急処置を誤らないことです。外出先など、すぐに洗濯ができない時には放置しないことが重要です。
特に慌ててこすったり、インクの種類を見誤ったまま不適切な処置をしたりしないように気を付ける必要があります。

外出先での応急処置の方法

では、外出先ではどう対応すればいいのでしょうか。ボールペンのインクは外出中に付けてしまうことが多いため、これはぜひ知っておきたいところです。

基本としては、どのインクであってもすぐに処置をするべきです。放置しておくとインクが染み込んで、落ちにくくなってしまいます。そうならないためにも、正しい処置を知っておきましょう。

ボールペンが水性・ゲルインクの場合

水性・ゲルインクの場合は、汚れた箇所の裏にペーパーを敷いてください。その部分を濡らし、布で叩くと汚れが浮き上がります。布に汚れが移らなくなるまで、丁寧に叩き続けましょう。

ボールペンが油性の場合

ボールペンが油性の場合は、乾いた布を当ててつまみ、汚れを浮かせましょう。油性インクは落としにくいイメージがあるかもしれませんが、インクを浮かせておけば応急処置としては十分です。

水性であれ油性であれ、早めの応急処置が肝心です。帰宅してからすぐに適した処置を行いましょう。

汚れが落ちなければクリーニングへ

「どうしても汚れが落ちない」「インクの染みが広がってしまった」などのトラブルがあった場合は、自分で解決しようとせずにクリーニングに出しましょう。専門業者であればきれいにインクの染みを抜いてくれることが期待できますし、染み抜きの後処理も丁寧に行ってくれます。

特に、自分で処理するのが不安な方や、大切な服だからどうしても汚れを落としたいという方には、クリーニングに出すことをおすすめします。

まとめ

服に付いたボールペンのインクは、水性であれ油性であれ、落とすことが可能です。水性の場合は弱アルカリ性の洗剤、油性の場合はクレンジングオイルを使いましょう。応急処置をしておくことも、インク汚れをきれいに落とすためのポイントになります。
正しい方法で染み抜きをしてもインクが落ちないようであれば、染み抜きの技術が高いクリーニング店に依頼しましょう。

当社はハイブランドな衣類でも扱っているクリーニング店です。
染み抜きにお悩みの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェックカーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック 誰しも1着はお気に入りのカーディガンを持っているのではないでしょうか。 ですが、着ているうちに袖や胸元、裾などが汚れたり、毛玉ができたりしてしまうことも…。きれいな状態で長持ちさせるには、日ごろのケアがポイントになります。 今回は、カーディガンをクリーニングに出すメリットや、 […]
  • ネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とはネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とは ネクタイは直接肌に触れることはありませんが、それでも汚れてしまうので定期的に洗う必要があります。また、飲食の食べこぼしやケチャップ、ソースなどが跳ねてしまった場合はすぐに洗濯をしないとシミとなって残ってしまいます。 とはいえ、ネクタイはシルクなどデリケートな素材で作られている […]
  • レーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェックレーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェック シルクに似た光沢があり、肌触りも優しいレーヨンは、あらゆる衣類の素材として使われていますが、自宅での洗濯はシルクと同じく難しいといわれています。そのため、レーヨン素材の衣類はクリーニングに任せるのがベストですが、洗濯頻度が高いものだと費用の負担が大きくなってしまうという問題があ […]
  • 血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介 衣類やハンカチなどに血がついてしまった時は、すぐに洗わないと血液シミが出来てしまうので要注意です。 しかし、出先でケガをしたり鼻血が出たりして汚れがついてしまった場合は、帰宅してから洗濯をするしかないため、血液シミが残ってしまうということもあるでしょう。 今回は、衣類などに血 […]
  • 洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは?洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは? 最近の洗濯機には、「すすぎ1回コース」や「つけ置き洗いコース」などさまざまな機能が搭載されており、「ドライコース」という洗濯モードが付いている機種もあります。 「ドライコース」は、「何となく丁寧に洗えそう」という漠然としたイメージはあるものの、どういった機能なのか詳しく知ってい […]
  • つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説!つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説! つけ置き洗いは、油汚れや泥汚れなど普通の洗濯では落ちない汚れが付いてしまったときに有効な洗濯方法です。ただし、ただつけて置けば汚れが落ちるというものではなく、つけ置き時間や洗剤の量など正しい方法で行なわなくてはいけません。 ここでは、効率よく汚れを落とすつけ置き方法と注 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F