Tシャツのカビをクリーニングで落とすには?注意点をチェック|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

洋服の中でも活用の幅が広いTシャツ。お気に入りのTシャツをたくさん持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、保管の状態によってはカビが生えてしまうこともあります。「せっかくお気に入りのTシャツを着ようとしたのに、カビが生えていた」となったら、気分が落ち込んでしまいますよね。
今回は、Tシャツにカビが生えてしまった場合にクリーニングで落とせるのか、対処法について解説していきます。

Tシャツのカビをクリーニングで落とすには?注意点をチェック

Tシャツにカビが生える原因

そもそも、なぜTシャツにカビが生えてしまうのでしょうか。まずはその原因を知っておきましょう。

栄養(汚れ)

カビが発生する原因のひとつは、Tシャツに付着した汚れです。洗い流されなかった皮脂や汗、垢といったたんぱく質の汚れはもちろんのこと、わずかな埃もカビの原因になってしまいます。他にも、食べかすなどが付いたままになっていることも、カビが生える原因になります。

気温・湿度

カビが好む気温は、25℃~28℃とされています。
人間にとっては過ごしやすい温度なので、エアコンなどをこの温度に設定している方も多いのではないでしょうか。また、湿度が高いほど、カビは発生しやすくなります。

カビの種類とは

カビは2種類に分けられることをご存じでしょうか。落としやすいカビと落としにくいカビがあるため、それぞれの特性をよく知っておくことが重要です。

白カビ

白カビは生えやすく、しまいこんでいた洋服に付いてしまうことが多いものです。
一度着て「あまり汚れていないから」と、洗濯をせずに保管していると、白カビが生えてしまうことがあります。あまり着る機会のない服、例えば礼服・喪服などをクリーニングに出さずに保管してしまうと、白カビが発生する可能性があります。白カビは、手入れを怠っていると発生しやすいので、Tシャツの場合も汚れが残った状態で保管していると、発生することもあるでしょう。

黒カビ・色素系カビ

カビは黒色の「黒カビ」だけではなく、緑や赤などの色もあります。これらは「色素系カビ」と呼ばれ、こびりついてなかなか落ちない性質を持っています。

しかし、基本的に衣類に付くのは黒カビです。黒カビは繊維に絡み付く力が強く、頑固な汚れとなってしまいます。表面だけを拭いても、完全に拭き取ることはできません。

家庭でカビを落とす方法

衣類にカビを見つけた場合どのように落とすのか、方法とポイントをチェックしましょう。

白カビを落とす方法

まずはTシャツを外干しして乾燥させましょう。
次に、白カビをブラシやハケで叩き落とし、消毒に使われるエタノール液を付けてトントンと叩けば簡単に落とすことができます。
十分に叩き落とせたら、洗濯機で洗い再び干しましょう。
この一連の流れで白カビを落としてみてください。

白カビがTシャツ全体に広がってしまっている場合は、漂白剤を使うといいでしょう。
漂白剤をお湯で溶かして、そこにTシャツを付け置きしてください。白カビがたくさん発生している場合は、クローゼットやタンスの中の空気がこもっていて湿度が高かったり、内側の温度が高くなっていたりする可能性があります。白カビの繁殖を防ぐためにも、除湿・換気などを行いましょう。

黒カビを落とす方法

頑固な黒カビですが、家庭でもできるだけ薄くすることができます。
まず漂白剤をお湯で溶かしたものに漬け置きし、洗濯機で洗いましょう。

漂白剤には「塩素系」と「酸素系」の二種類があります。酸素系よりも塩素系のほうが、漂白する力は高いですが、皮膚につくと危険なので取り扱いには注意しましょう。またデリケートな素材や色柄もののアイテムの場合は、塩素系漂白剤が使用できません。洗濯表示を確認してください。
塩素系漂白剤の使用が可能なアイテムであれば、使ってカビを落としましょう。

家庭でできる予防法

カビが生えないようにするためには、通気性のよさが重要です。
Tシャツをしまっているクローゼットやタンスの中の空気がこもっていると、カビが発生しやすくなってしまいます。カビ予防のためにも、収納場所には定期的に空気を送り込んだり、隙間を開けて風通しをよくしたりしましょう。

また、一度着たTシャツはきちんと干してからしまいましょう。少しでも湿っていると、カビの生える原因になってしまいます。生乾きのままクローゼットやタンスにしまうと、他の衣類にも湿気が移ってしまいます。
カビの発生を防ぐためには、「乾燥しているか」「汚れが残っていないか」しっかりと確認してから保管することが重要です。

カビ処理を依頼した場合の追加料金の相場

どうしても自宅でカビが落とせない場合は、クリーニング店を利用しましょう。店舗型のクリーニングでカビ処理を依頼する場合、追加処理料金がかかります。350円〜600円の追加が相場となっていますが、アイテムや状態によって変わるので、クリーニング店に確認すると安心です。

カビが生えたTシャツをクリーニングに出すメリット

Tシャツのカビは自宅でも取り除くことができるものもあります。しかし、完全に取り除けない場合もありますし、見落としてしまうこともあるでしょう。
その点、クリーニングに出せばプロがしっかりと除去してくれます。完璧な仕上がりが期待できるため、Tシャツや衣類にカビが生えてしまった場合は、クリーニングに出すことをおすすめします。

まとめ

Tシャツに生えるカビは自宅で取り除くこともできます。しかし、取り除くのは手間がかかりますし、取り除けたかどうかを確認するのは非常に難しいと言えます。一見きれいに落とせたように見えても、実はまだカビが残っているかもしれません。大切なTシャツは、ぜひプロのクリーニングに依頼をしましょう。

アルテフェロは、高級アイテムのクリーニングが得意なクリーニング店です。
大切なTシャツ、ブランドのTシャツにカビが生えてお困りの場合は、ぜひご相談ください。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • 油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的?油性ペンの落とし方はどの方法が一番効果的? 間違って油性ペンが服に付いてしまったとき、どんな方法でインクを落としていますか? さまざまな方法でインクを落としたけど、薄くなるどころか全く消えないという状況もあるでしょう。 中には、インクが滲んでしまって、油性ペンの汚れが広がってしまったというケースもあります。 実は油性 […]
  • スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は?スノボウェアのクリーニング料金や依頼時の注意点は? 人気のウィンタースポーツといえば、スノーボード。 ゲレンデを見渡すと、大人だけではなく子供と一緒に親子で楽しむ姿もよく見かけます。 シーズン中、たくさん使用したスノボウェア、クリーニングをしていますか? 雪の上でしか着用しないので一見きれいに見えるスノボウェアですが、よく見 […]
  • 喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは喪服の洗濯はクリーニング店?自宅?正しいお手入れ方法とは 一年に数回、着用するかしない喪服、きちんと洗濯していますか? 喪服は色やデザイン性から、汚れがあまり目立たないため洗濯をせずに保管する人も多いでしょう。 しかし、喪服は線香のにおいや埃などが付着しやすいため、洗濯をしないまま保管するのはおすすめしません。 今回は、喪服の洗濯 […]
  • ブランドマフラーはクリーニングに出す方が良い?自宅洗濯NGな理由ブランドマフラーはクリーニングに出す方が良い?自宅洗濯NGな理由 寒い季節に欠かせないファッションアイテムといえば「マフラー」。中でもブランド物のマフラーは、高品質な素材で保温性や手触りの良さなど機能性にも優れているので、プレゼントで喜ばれるアイテムです。プレゼントされたマフラーを、愛用している人も多いでしょう。しかし、長く愛用していると汚れ […]
  • キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは?キレート剤は洗濯に欠かせない!特徴や洗浄効果とは? 洗濯用洗剤の成分によく含まれている「キレート剤」、一体どんな成分なのか気になったことはありませんか? 配合する成分によって洗浄力や肌触り、肌への刺激などが変わってくるため、あまり見慣れない成分が含まれていると心配という人も多いでしょう。 そこで今回は、洗濯用洗剤に […]
  • オイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とはオイルの染み抜きは家庭でもできる?一番効果的な方法とは 揚げ物の調理中や食事中に洋服に飛んでしまった油、放置していませんか?オイルは時間が経つと落ちにくい性質があるため、早めに対処しなくてはいけません。そこで今回は、オイル染みの判断方法や服に付いた油の度合いに合わせた染み抜き方法などについて、詳しく解説します。 これってオイル? […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F