ネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とは|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

ネクタイは直接肌に触れることはありませんが、それでも汚れてしまうので定期的に洗う必要があります。また、飲食の食べこぼしやケチャップ、ソースなどが跳ねてしまった場合はすぐに洗濯をしないとシミとなって残ってしまいます。

とはいえ、ネクタイはシルクなどデリケートな素材で作られているので、適当な洗い方はNGです。
ここでは、ネクタイの洗濯方法や注意点などを紹介します。

ネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とは

ネクタイは家庭で洗っても大丈夫?

ネクタイは家庭でも洗えます。ただし、ネクタイの素材やデザインによっては、家庭で洗うのはNGな物もあるので注意しましょう。

たとえば、繊細なシルクを洗ってしまうと毛羽だったり、生地が伸びたりしてしまいます。刺繍デザインの物は、刺繍がほつれることがありますし、プリントデザインの物は色が滲んでしまうかもしれません。
また、洗濯表示で「洗濯不可」となっている物も、家庭では洗えないのでタグを必ずチェックしてください。

ネクタイは、素材によって家庭で洗える物と洗えない物がありますが、長く大切に使いたい、いつでも綺麗な状態を保ちたいという場合はクリーニングに出すのが正解です。

家庭でネクタイを洗濯する方法

洗濯可能なネクタイであれば、家庭で洗っても問題ありません。
ただし、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う、というのはネクタイを傷めて寿命を縮めてしまうので、手洗いをおすすめします。

では、どのように洗えばいいのか、準備をする物や手順を紹介します。

ネクタイを洗うために用意する物

ネクタイは手洗いをするのが基本なので、スムーズに洗えるように必要な物を準備しておきましょう。

おしゃれ着用洗剤(漂白剤が入っていない
綿素材の布(染み抜き用)
厚手のタオル(脱水用)
ハンガー(幅広タイプ)
スチームアイロン

ケチャップやソース、コーヒーなど目立つシミがある場合は、色柄物に使える漂白剤やベンジンも用意しておきましょう。シミ落しをするときには、歯ブラシも併せて用意しておくと便利です。

ネクタイを洗う手順

ネクタイを洗う準備が出来たら、次の手順に沿って洗いましょう。

・綿素材の布に少量のおしゃれ着用洗剤をつけて、ネクタイが乾いた状態で、目立つ汚れを軽く叩きながら落とす(頑固なシミは色柄物用漂白剤やベンジンで落とす)
・洗面器におしゃれ着用洗剤(20ml程度)を入れて、40度前後のぬるま湯で洗濯液を作る(しっかりと混ぜ合わせる)
・洗濯液にネクタイ全体をゆっくり浸けて、5分~10分ほど放置する
・洗面器の中でネクタイを優しくゆすって揺らし洗いをする
・20回ほど揺らし洗いをしたら、水が綺麗になるまですすぎ作業をする
・すすぎが終わったら、バスタオルでしっかりタオルドライをする
・水分が十分に抜けたら、幅広のハンガーにかけて、風通しがよく直射日光が当たらない場所で陰干しをする
・完全に乾いたら、スチームアイロンで形を整える(必ずハンカチなど当て布をして、アイロンを1cmほど浮かせた状態で行なうこと)

時間と手間はかかりますが、この工程で洗えば、汚れが落ちて形も整うので綺麗な仕上がりになります。

ネクタイを洗うときの注意点

ネクタイは、手順と使用する物を間違えなければ家庭で洗濯することはできます。
ただし、ちょっと手抜きをしたり、雑に洗ったりすると色落ちや傷みの原因になるので、注意点をしっかり押さえておきましょう。

洗濯機は使わないこと

最近の洗濯機には、おしゃれ着洗いコースのようにデリケートな衣類を洗える機能が搭載されているので、ネクタイも洗濯ネットに入れれば大丈夫と思う方もいるかもしれません。
しかし、ネクタイは型がしっかり決まっているので、洗濯ネットに入れても型崩れをしてしまいます。
また、生地へのダメージも大きいため、洗濯機で洗うのはやめましょう。

頻繁に洗わないこと

手洗いをするとしても、頻繁に洗うのはNGです。
手洗いはネクタイへのダメージを軽減できますが、それでもゆすり洗いや洗剤というのは生地に負担をかけるため、頻繁に洗うと毛羽立ちやヨレなどを引き起こす原因となります。
洗えば洗うほど生地へのダメージは蓄積されるので、2ヵ月から3ヵ月に1回の頻度で洗いましょう。

ネクタイをクリーニング店に出した方が良い理由

ネクタイは、手洗いよりもクリーニングに出すのがおすすめです。
その理由は、ネクタイには油性や水性などさまざまな性質の汚れがつくため、家庭の手洗いでは汚れを完全に落としきれないからです。
クリーニングであれば、素材に適した洗濯方法で、あらゆるタイプの汚れがダメージを与えずに落とせるので、完ぺきな仕上がりになります。

もともと、ネクタイは頻繁に洗う必要はないので、多少コストがかかっても繊維の奥の汚れまでしっかり落とせるクリーニングに出すことが、大事なネクタイを綺麗に保つポイントとなるのです。

ネクタイはクリーニングに出して清潔感を保とう

仕事やフォーマルな席では、着用している物すべてに清潔感があることが重要です。
また、オフでも汚れたネクタイ着けていると、だらしない印象になってしまいます。
ネクタイも衣類の一つなので、シャツやボトムと同じく、常に清潔な状態に整えておきましょう。

ただし、家庭で頻繁に洗濯をしてしまうと、型崩れや色褪せなどにより古びた印象になってしまうので、大切なネクタイは確かな技術を持つクリーニング店に依頼することをおすすめします。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェックカーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック 誰しも1着はお気に入りのカーディガンを持っているのではないでしょうか。 ですが、着ているうちに袖や胸元、裾などが汚れたり、毛玉ができたりしてしまうことも…。きれいな状態で長持ちさせるには、日ごろのケアがポイントになります。 今回は、カーディガンをクリーニングに出すメリットや、 […]
  • レーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェックレーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェック シルクに似た光沢があり、肌触りも優しいレーヨンは、あらゆる衣類の素材として使われていますが、自宅での洗濯はシルクと同じく難しいといわれています。そのため、レーヨン素材の衣類はクリーニングに任せるのがベストですが、洗濯頻度が高いものだと費用の負担が大きくなってしまうという問題があ […]
  • 服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック ボールペンのインクが服に付いてしまい、落とすために苦労したという方は多いのではないでしょうか。 インクが付いてしまうのは日常においてよくあること。とはいえ、大切な服に汚れが付いたままにはしておきたくありませんよね。 そこで今回は、服にボールペンのインクが付いた時の落とし方につ […]
  • 血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介 衣類やハンカチなどに血がついてしまった時は、すぐに洗わないと血液シミが出来てしまうので要注意です。 しかし、出先でケガをしたり鼻血が出たりして汚れがついてしまった場合は、帰宅してから洗濯をするしかないため、血液シミが残ってしまうということもあるでしょう。 今回は、衣類などに血 […]
  • 洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは?洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは? 最近の洗濯機には、「すすぎ1回コース」や「つけ置き洗いコース」などさまざまな機能が搭載されており、「ドライコース」という洗濯モードが付いている機種もあります。 「ドライコース」は、「何となく丁寧に洗えそう」という漠然としたイメージはあるものの、どういった機能なのか詳しく知ってい […]
  • つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説!つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説! つけ置き洗いは、油汚れや泥汚れなど普通の洗濯では落ちない汚れが付いてしまったときに有効な洗濯方法です。ただし、ただつけて置けば汚れが落ちるというものではなく、つけ置き時間や洗剤の量など正しい方法で行なわなくてはいけません。 ここでは、効率よく汚れを落とすつけ置き方法と注 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F