血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介|東京の高級ブランドクリーニング店 アルテフェロ

お役立ちコラム

衣類やハンカチなどに血がついてしまった時は、すぐに洗わないと血液シミが出来てしまうので要注意です。
しかし、出先でケガをしたり鼻血が出たりして汚れがついてしまった場合は、帰宅してから洗濯をするしかないため、血液シミが残ってしまうということもあるでしょう。

今回は、衣類などに血がついてしまった場合の対処法や、洗濯するときのポイントなどを紹介します。

血は洗濯で落とせる?血液シミの落とし方を紹介

洗濯だけで血の汚れは落とせる?

結論からいうと、ただ洗濯をするだけでは血の汚れを完全に落とすことはできません。
血液は水溶性ですが、タンパク質が含まれているため、付いてから時間が経過した血というのは酸化によって繊維の中に残ってしまうのです。

付いてすぐに水洗いをすれば落とせますが、乾いた血の汚れは水や洗剤だけでは落とせないので、正しい洗濯方法で洗いましょう。

血の汚れを洗濯する前の確認事項

なかなか落ちない血の汚れですが、時間の経過によっては洗濯で落とすことができます。
ただし、洗濯をする前に必ず洗濯表示を確認してください。
水洗い禁止のマークがあるものは、家庭の洗濯機で洗うことができないのでクリーニングに出す必要があります。

表示を確認せず、つけ置き漂白や洗濯をしてしまうと、型崩れや色落ちの原因になるので注意しましょう。

血が洋服に付いた時の対処法

血の汚れは、付いたらすぐに水で洗うというのが、もっとも効果的な対処法です。
洗濯表示を確認し、水洗いOKであれば血の付いた部分を水に浸して洗って下さい。

水でゆすいでも落ちないようであれば、歯ブラシに中性洗剤を付けて軽く叩きます。
汚れがじんわり滲んだら落ちやすい状態になっているので、もう一度水洗いをしましょう。

もし、出先などで水洗いが難しい場合は、ティッシュやナプキン、ハンカチなどを使って対処しましょう。
シミの下にティッシュを1枚敷き、もう1枚のティッシュで上から軽く叩いてください。
ある程度汚れが落ちたら、濡らしたハンカチやタオルで、軽く叩きながら汚れを移し取っていくときれいになります。

水洗いをするときは部分的に洗う

水洗いをするときには、衣類を全体的に濡らさないようにしましょう。
少量の血であれば問題ありませんが、量が多い場合は、水に溶け出した血液が他の部分に付着してしまう可能性があります。

特に白い物は染まりやすいので、必ず血が付いたところだけを部分洗いして、血を完全に落としてから、洗濯機で洗うようにしてください。

お湯で洗うのはNG

血の汚れを落とすときに、お湯を使うのはNGです。

油汚れなど頑固な汚れはお湯で洗うと落としやすくなりますが、血液にはタンパク質が含まれているため、お湯を使って洗うとタンパク質が固まってしまうので、逆に落ちにくくなります。

付いて間もない血であっても、お湯で洗ってしまったら元も子もないので、必ず水もしくはぬるま湯で洗ってください。

時間が経過した血液シミの落とし方

時間が経過して乾いた血の汚れは、水洗いだけでは落とせないこともあります。
ここでは、落ちない血液シミの落とし方を紹介します。

まずはシミ抜きをやってみよう

頑固なシミは、まずは一般的なシミ抜きと同じ方法で落としてみましょう。
マグカップなどに食器用洗剤1プッシュと水を適量入れて洗濯液を作ったら、不要になった歯ブラシでかき混ぜます。
汚れている部分にタオルを当て、洗濯液を付けた歯ブラシで、汚れをタオルに移すようなイメージで軽く叩きましょう。

このとき、汚れの中心部分から叩いてしまうと、血が周りに広がってしまうので、必ず外側から内側に向かって叩いてください。
汚れが薄くなったら、そのまま洗濯機で洗えば綺麗に落とせます。

どうしても落ちない場合は漂白剤を使おう

シミ抜きをしても落ちない場合は、漂白剤を使って落とします。
洗面器に漂白剤と水を適量入れたら、汚れた衣類などをつけ置きしましょう。
長く浸けすぎると傷んでしまうので、1時間30分から2時間ぐらいで取り出し、汚れが落ちていれば、そのまま洗濯をしてください。

落ちていなければ、汚れを押し出すイメージで優しくつまみ洗いをして、洗濯機で洗います。
漂白剤は繊維へのダメージが大きいので、これでも落ちないようであれば、クリーニングに出しましょう。

血液シミが落ちないときはクリーニングに任せよう

「いろいろと洗濯方法を試したけど血液シミが落とせない」「うっすらとシミが残っている」という場合は、クリーニングに任せるのが正解です。
何回も洗濯をしたり漂白剤を使ったりすると、衣類に過度の負担をかけてしまい、ダメージによってヨレヨレになったり伸びてしまったりします。

たとえきれいになったとしても、洋服の型が崩れてしまったら手放すしかありません。
クリーニングに出せば、時間や手間をかけることなく綺麗に血を落とせます。もちろん、衣類へのダメージも最小限に抑えられるので、大切な衣類が汚れてしまった場合は、技術を持つクリーニング店に相談しましょう。

東京の一般から高級ブランド衣類まで扱えるクリーニング店「アルテフェロ」こちら

関連記事

  • カーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェックカーディガンはクリーニングに出すべき?メリットや料金相場をチェック 誰しも1着はお気に入りのカーディガンを持っているのではないでしょうか。 ですが、着ているうちに袖や胸元、裾などが汚れたり、毛玉ができたりしてしまうことも…。きれいな状態で長持ちさせるには、日ごろのケアがポイントになります。 今回は、カーディガンをクリーニングに出すメリットや、 […]
  • レーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェックレーヨンは水洗いをしても大丈夫?正しい洗濯方法をチェック シルクに似た光沢があり、肌触りも優しいレーヨンは、あらゆる衣類の素材として使われていますが、自宅での洗濯はシルクと同じく難しいといわれています。そのため、レーヨン素材の衣類はクリーニングに任せるのがベストですが、洗濯頻度が高いものだと費用の負担が大きくなってしまうという問題があ […]
  • 服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック服に付いたボールペンのインクの落とし方は?タイプ別に方法をチェック ボールペンのインクが服に付いてしまい、落とすために苦労したという方は多いのではないでしょうか。 インクが付いてしまうのは日常においてよくあること。とはいえ、大切な服に汚れが付いたままにはしておきたくありませんよね。 そこで今回は、服にボールペンのインクが付いた時の落とし方につ […]
  • 洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは?洗濯機のドライコースはどんな機能?クリーニング店との違いは? 最近の洗濯機には、「すすぎ1回コース」や「つけ置き洗いコース」などさまざまな機能が搭載されており、「ドライコース」という洗濯モードが付いている機種もあります。 「ドライコース」は、「何となく丁寧に洗えそう」という漠然としたイメージはあるものの、どういった機能なのか詳しく知ってい […]
  • ネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とはネクタイは家庭で洗濯できる?失敗しない洗濯方法とは ネクタイは直接肌に触れることはありませんが、それでも汚れてしまうので定期的に洗う必要があります。また、飲食の食べこぼしやケチャップ、ソースなどが跳ねてしまった場合はすぐに洗濯をしないとシミとなって残ってしまいます。 とはいえ、ネクタイはシルクなどデリケートな素材で作られている […]
  • つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説!つけ置き洗いにかける時間はどれぐらい?方法や注意点を解説! つけ置き洗いは、油汚れや泥汚れなど普通の洗濯では落ちない汚れが付いてしまったときに有効な洗濯方法です。ただし、ただつけて置けば汚れが落ちるというものではなく、つけ置き時間や洗剤の量など正しい方法で行なわなくてはいけません。 ここでは、効率よく汚れを落とすつけ置き方法と注 […]

Contact
お問い合わせ

お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

アルテフェロ
☎︎ 0120-469-430

営業時間 10:00~18:00

サマータイム(8月9月) 8:00~15:00
休日/日曜・祝日

本店 東京都中野区弥生町4-2-26
渋谷店 東京都渋谷区本町4-41-10
エクセル渋谷本町1F